Home キャンプ場 群馬県

  • facebook
  • twitter
  • line

県営赤城山キャンプ場(群馬県)

場所:〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山32
料金: 無料
お問合せ:群馬県環境森林部自然環境課 TEL 027-226-2871
期間:通年?
チェックイン: / チェックアウト:
e-mail:
関連サイト:群馬県 / 県立赤城公園
ゴミ:必ず持ち帰り
駐車場:
お風呂:車で2分ほどに青木旅館本館(540円 10:00〜20:00)あり
備考:申し込み不要。焚き火、直火禁止。1週間以上の滞在は禁止。湖畔
   冬季の水が凍結する10月末以降くらいはトイレ、水場が使用できない。
   水関係の詳細は群馬県自然公園課自然公園係 TEL 027-243-7702 に問い合わせ

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

県営赤城山キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

職場の後輩を連れキャンプツーリングに利用させていただきました。 GWということもあり利用客も多く駐車場の場所取りが酷く深夜まで騒がしかったです。 サイト自体は傾斜があるところが多くフラットの場所は少ないです、水洗トイレと水道、炊事場がある無料のいいキャンプ場ですが無料だからこそマナーの悪い方もいます。 私は残念ながら機材の盗難にあいました・・・。 景色や環境はいいのですが自己管理をしっかりしないといけないキャンプ場だと思いました。

キャンプマニアさんに返信 まず 夜釣りの件ですが禁止は 氷上穴釣り【ワカサギ】で無いでしょうか? 当方、毎年鑑札受けています マナーの件ですが 確かに悪いな・・・ 邪魔に見る件ですが 竿横で水切り、入水が原因と思います 自分も嫌です 監視の件ですが カッターのイタズラ防止だそうですね 何かと気になさるみたいですが 仲良くやりましょう

まず言えることは、有料キャンプ場はともかく、管理人がいる公園型無料キャンプ場と思って期待してはいけません。 観光道路沿いなので、夜中でも爆音の車やバイクが通ります。入退管理をしていないので、出したまま長時間無人のイステーブル備品は盗難される思ってください。 近くの釣り場になっている場所には、ホームレスの住処のようなブルーシートの小屋が多数あり、長期滞在している柄の悪い人たちがいると思ってください。 時間が決められていないので、夜中に車のライトをつけて設営する人もいれば飲み始める人たちがいるので騒音は覚悟してください。 ルールは直火禁止ぐらいしかないので、犬が吠えたり、深夜でもラジオ(今はYoutube)の音が聞こえたり、工事現場のようなランタンが焚かれたり、ファミリーテントで3張できる場所を独占されたりします。それらを踏まえてハズレの日を引いてしまったら諦めてください。 アタリの日なら、ボランティアや管理者が清掃をこまめにしているようなので、キャンプ場にひどいゴミはなく、雑草も刈られ、古いがトイレも水場もキレイです。 湖のそばで景色もいいです。 駐車場を挟んで湖側はソロキャン、山側は3段になってファミキャンという感じの広さになってます。焚き火をしても余裕です。 人がいない時も多く、静かで撤収時間を気にすることもなくのんびりできます。 ルールがゆるく無料というメリットが勝って毎年来ています。

ロケーションはいいけど泊まりに来る人はマナーのかけらもない人ばかり。 夜は18度くらい?とても涼しかった。夜霧が出ることが多いようです。 湖畔なのでペグはしっかりとめたほうがいいかな。 ・夜遅くまでラジカセ爆音、ギター弾き、酒盛りでわめいてる老害キャンパー ・24時過ぎて寝ようとしてるときにテント設営をはじめ、そこから炊事をし始める社会人?グループ数組 他にも24時過ぎてもギャアギャア騒いでるモラルが欠如した人がたくさんきます。普通に過ごしてる人のほうが少ないくらい 普通のキャンプ場の地雷行為を当たり前のようにやる人ばかり。 普通の家族連れとかも来ていたけど子供は多分寝られなかったんじゃないかな 23時過ぎに走り屋のドリフト音が聞こえましたが30分くらいで帰っていった模様 泊まった日は7/20でまだ学生が本格的に休みに入る直前で若干空いている日を狙ってこういう状態だったのでこれからの時期多分もっと無法地帯になると思う 他の方がおっしゃってる通りテント設営できる場所は狭いので馬鹿騒ぎ、夜中から炊事を始められるとテントに煙がくる、耐えがたい騒音などひどい目に合うと思います

7月の連休にいきました。 夜間の釣りは禁止の看板があるのにやっている釣り集団がおりました。なにやら邪魔そうな目でみられるのは気のせいでしょうか。深夜のラジオは勘弁してくれ。 他に気なったのは監視施設ってのがあったのですが何を監視してるんでしょう?しってる方おられましたら投稿お願いします。 長期滞在者がそこにいるのはなぜ?

9/1から一週間の夏休みと言う事で何年も前からはちの巣さんで暖めておいた赤城大沼へキャンプに向かいました。 事前にネットで調べていると、「長期滞在者がいる」「キャンプ備品が盗難」など、不安もありましたが、無料だし、自分でしっかり管理すれば・・と言い聞かせて出発です。 この日から、わかさぎ解禁になります!前橋上州屋で餌を購入して大沼へ向かいます。 峠を下って見えてきました!大沼!美しい!過去に何度も足を運んだ青木湖キャンプを思い出す。 湖畔に出て左折すればもののすぐにキャンプ場が見えてきました。あ~あれか、長期滞在者って。トイレ前にも、怪しい長期っぽい車中泊者がいます。 とりあえず、4Lペットボトル4本に水汲みに、最中にヤバイ、車の鍵していない→鍵しめました。そして幕地探しで周遊道路を周ります。 あれ?想像していたより、小さいキャンプ場。 3周位しましたが、怪しい人達から離れた駐車場が無い!混んでいる訳で無く、小さなキャンプ場。あんだけ動画でチェックしてましたが、画像って大きくみえるんですね!もうあきらめました。ここはNGです。 私、幽霊は大丈夫ですが、難民・物騒キャンプは駄目なんです。 ここのキャンプ場は山側が駐車場、道路を挟んで湖側が幕地がセオリーとなっています。キャンピングカーでの登場となりましたが、しっかり、テント&タープは持って来ています。登山もしたかったのですが、幕地を開けていく勇気はありません!!!昼過ぎからの次のキャンプ場探しは疲れるし、そして何よりがっかりだし。 ・・・・・自分が思った事。道路沿い駐車場の半分は半分以上は傾斜しています。そして小さなキャンプ場です。10数台位かな? 景色は最高!です。 サイトに留守番できる人、酒飲まない人が同行できれば、良いのではと思います。夜間は番犬がいれば怖いもの無しです。 <<<みんな!ここのキャンプ場!褒めすぎだよ!>>>

今年、二回で4泊も泊まりました。 無料ですし群馬周辺の観光するには湖の景観も良く、特に夏には涼しく寝れるとても良いキャンプ場です。 気になる点は、男のトイレの小が大昔に見た石のタイプで、おしっこしたら必ず反撃をくらいます><。個室の蛾とかもたくさん先客にいるので相席に気が引けます。これが嫌なら来る途中にもう少し綺麗なトイレがありますのでそこで済ませば良いでしょう。 それと走り屋がよくいますね。ここを見た皆さんに提案ですけど、うるさくて眠れないだけでは無く、我々が事故に巻き込まれる可能性もありますので、走り屋を確認したらみんなで通報しましょう!

2016/5/7にバイクソロツーリングで1泊しました。大きく分けて普通のキャンプ場的な場所、湖畔、ロードサイドの3ヶ所でテントを張っている方がいらっしゃると思いますが、今回は湖畔に空きスペースがあったので湖畔にテントを張りました。 キャンプ場自体の情報は色々と積み上がっているので割愛致しますが、今回、気温記録計を持ち込んだところ明け方は3℃台まで気温が下がっているようなので、あまり軽装だと夜辛いかと思います。 モンベルのシュラフ#3と酒を飲んで温まった私の場合ですが、朝まで特に問題無くグッスリと寝る事が出来ました。この時期の参考になればと思います。 いいキャンプ場ですので、湖畔エリアも含め直火禁止等の基本的な約束事は守ったうえで末永くお世話になりたいキャンプ場です。

ロケーション最高の無料キャンプ場です。毎日管理員さんがトイレ等を掃除してくれます。 この時期は寒さと天候の変化があるので、それなりの装備が必要です。キャンプに不慣れなファミリーなどは軽装で来て夜間に撤収していました。 今回は嵐が来たのでキャンプ経験が少ない人には過酷な状況だったと思います。前橋や沼田が暑くても、赤城山頂は早朝かなり冷え込みます。この時期は0〜5度程度まで耐えるシュラフが必須です。 赤城山観光やデイキャンプの方々も来ますが、本日マナー最悪のデイキャンパーが。。湖畔すぐでバーベキューしたグループのようですが、食べ散らかしのゴミが散乱していました。帰った後に気づいたのでゴミは拾ってまとめておきましたが、こういう行為をする輩は二度と来ないで欲しいです。外出していて不在だったので注意もできませんでしたが、無料だからこそ、マナー、ルールを守って利用すべきです。夜間ゴミを出して置くと赤城山は鹿に荒らされます。 自然を大切にできない人間は利用する権利はありません。 このGWに盗難もあったようです。マナーの悪い輩を見たら、複数人で注意しましょう。

キャンプ場はすばらしいですが、うちとお隣の機材が盗難に遭いました。 このキャンプ場に限ったことではないですが、施錠管理等の必要性を感じました。 みなさん気をつけて下さい。 怪しい一人キャンパーがいましたので・・・。

2016年 4月の23日に利用させていただきました。 標高が1000m以上ということで、少し冷え込みました。 夏装備で参戦したので、ぶるぶる震えることになりました。 湖畔のキャンプ場で、とても落ち着きます。 徒歩10分程の旅館で、お風呂をおかりすることが出来ました。 某漫画の影響でしょうか…夜中には、遠くからスキール音が聞こえてきます でも、そこまで気にはならなかったです。 走り屋を怖がる必要はないです。

2016年1月9日(土)に一泊しました。 例年だとこの時期の大沼は、厚く凍って氷の上からのわかさぎ釣りでにぎわうそうですが、その日はとても暖かくまだ氷も薄いようで湖には誰もいませんでした。 キャンプ場の水場とトイレは、1月~3月は閉鎖のようです。 氷が張ってることもあるのか大沼の湖畔は風もなく、湖畔のすぐ前でキャンプをすることにしました。湖畔の地面は固くペグは打てず、木と石でタープを止め、その下にテントを設営、乾いた木も湖畔で見つけ、焚き木を作り、明るいうちから焚き火を始めました。その日は5組くらいだけがキャンプしていたと思います。その晩は、スマホのアプリの温度計では-5度でした。夜も天気が良く、少し風は吹きましたが満点の星空、翌朝は山の裾からの日の出、湖畔の氷に朝日が映りとても美しかったです。朝の温度はマイナス2度、ペットボトルのコーヒーがシャリシャリとシャーベット状になりました(笑)それと面白かったのは湖の方からキュッ・キュッと瓶のコルクをひねるような音か何度もしたのですが、氷にひびが入って割れる音だとわかりました。この時期に、雪もなくとても暖かく穏やかな天候の日はめったになく釣り人もいない、静かでとてもラッキーでした。 ちなみにキャンプ場とちょうど反対側の湖畔は、観光の店も多く、駐車場にあるトイレも使えるようです。また来たい場所になりました。 こんなに素晴らしい景色のところを無料キャンプ場にしていてもらえることに大感謝、ありがとうございます。

 2015年9月5日(土)1泊で利用しました。  赤城山と湖の両方が望める美しいキャンプ場です。天気は晴れのち曇り、夜から雨、朝は曇りでした。気温は低く、夕方からは薄手のジャケットでは寒かったです。  その日は、天気が夜、雨だったためかAM10時半の到着で、湖のそばの人気のサイトがすぐに取れました。夜までに少しずつ増えて湖側のサイトで10グループ程度でした。  8月上旬の週末に来た時とは全く違い、全体的にすいていました。キャンプをする人たちのマナーは良かったです。 ちなみに寒くて蚊はいませんでした。ほかの虫もほとんどいませんでした。  昼のバーベキューのあと、湖1週コースを1時間15分かけて歩きました。湖上にはワカサギ釣りの人が多数、カッターをこぐ中学生が元気な掛け声をかけていました。夜はとても静かでした。雨が時々降り濃い霧が立ち込めていましたが、それも幻想的できれいな風景でした。  車で2分くらいのところに青木旅館本館があり、AM10~PM8まで¥540でお風呂に入れます。(団体客がいるときは利用できる時間が変わるので要確認とのこと。) 水場とトイレは、水が凍結する前まで(10月いっぱいくらい)使えるそうです。 水関係の詳細は群馬県自然公園課自然公園係まで。(TEL027-243-7702)

まず コーギー連れの釣り人さん ドッグフード分けてくれてありがとうごさいました トイレ【和式水洗】24時間照明 水道有り 釜戸有り 青木旅館に 昼のみ食堂有り 自販機有り 寒さ対策忘れずに・・・・

ここは年2回来ています。今回は5月の連休に行きました。 場所とりのブルーシートが敷かれてたり、自分のテントの周りにテントを設置されぬためのコーンが置かれてたりと連休の混みようを無視したキャンパーがいたりしてテンションは下がりましたが、ロケーションは最高でした。 登山にきた高校生の集団が就寝する横で深夜までギャアギャア騒いで酒盛りをする大人たち.....。言わないとわからないのでしょうかね。 無料キャンプ場には管理人不在のためこんな人達がいるってことも覚悟の上で行かれたほうがいいと思います。 今年も長期滞在者の方は元気そうでした。

 赤城山には年1回弱来ていてキャンプ場があったのは知っていましたが、今回8月4,5,6と始めてキャンプ(車中泊)しました。 天候にもめぐまれ気温は24~25度と快適で木陰も数多く湖もすぐ近くに臨め、キャンプサイトも自然そのままで、湖畔一周や山登りもでき、赤城再発見し非常に気に入り、8月25~26と9月12~13にも行きました。 9月12日は5~6組位でしたが13日は連休の関係か8月の時(約30組)よりこんでいました。 9月の時は夜だいぶ冷え(8度)ました。 ただキャンプ場周辺は活気がありましたが、湖畔周辺は閑散でした。 皆さん赤城はイイデスヨー

2年ぶり 梅雨時の7/3から4日間滞在。大沼の水位が上昇し湖岸のスペースはなくサイトは限定されます。連日湖面から吹き上げる風雨でテントも揺れ朝の気温は15度です。 寒さにコンロ、使い捨てカイロ、防寒衣料があると重宝します。長期滞在者はスノコや灯油ストーブで冷えと雨水対策されていました。無料キャンプ場としては水洗トイレ、かまど、水道も完備されています。雨上がりの朝、湖面の景色は幻想的で癒されます。 週末の夜はドリフト族の騒音が山間に響き渡ります。各自ゴミは持ち帰りです。

1年ぶりにキャンプしに行ってきました。 去年うるさかった深夜のドリフト族がなぜか居なくなり、結構静かな夜を過ごせました。 あと、麓の前橋市との気温差が低め10℃ぐらいなので、それなりの防寒対策は必要です。

2014年4月上旬に利用。 利用前に電話で現地の情報を確認したと2月の大雪の影響で雪が残っているとのこと。 現地の天気状況などを確認してからいきました。 気温も低いため、春装備から冬装備に切り替えて行きました。 赤城山の峠を登っている途中で野生の猪がいました。キャンプ場には鹿のフンがありました。 暗くなってから着いたため、場所がわかりづらかったのですが大沼湖畔の北側にキャンプ場がありました。 夜中は峠を走る車の音がありましたが、他のキャンパーはいなかったのでテント設営の場所は選び放題で湖畔に近いところに設営しました。 道路上はほとんど雪もなかったのですが大沼の水は凍っていて、冬景色でした。 夜は風は穏やかでしたが翌日は風が強かったです。風でテントがばたつくため耳栓あると便利です。 何より朝おきて湖畔の氷上銀世界がとても美しく、冬のキャンプが好きになる場所でした。 設備は水道、カマド、トイレなどが近くにありましたがトイレは閉鎖中でした。

夏のキャンプは辛いので避けてましたが 逆に避暑を求め標高の高いこのキャンプ場を選びました。 予約も不要、無料なのもあり人がいっぱいで 車は所狭しとアチコチに停められていました。 水場、トイレに近い側は混んでおり 湖畔側にキャンプを張りましたが とても涼しく真夏とは思えない快適さでした。 トイレも水場も清掃の方が定期的に何度か来て ちゃんと綺麗にして下さってて有難いです。 とにかく真夏なのに水が冷たいこと、冷たいこと。。。 野菜やビールを冷やすのに使ってるグループが居ましたが ジャージャーと水を出しっぱなしで冷やしていたのには 呆れて開いた口が塞がりませんでした。 時々うるさいバイクが大きな音を立てて走り去ります。 湖畔だからとても響くのですね。 山を下りれば温泉のある道の駅もあります。 真夏の避暑キャンプはここに決まりです。 朝もや…霧に包まれた湖畔は美しかったです。 涼しいを通り越して夜中は寒いくらいでしたので 寒さ対策をお忘れなく。

2013/8/14に1日だけ利用させていただきました。 赤城山山頂付近の大沼の湖畔にあります。水場の水が冷たくバケツにジュースを入れて冷やしている方もいらっしゃいました。 県営なのでトイレは管理はされていますがそれ程キレイとは言えません。水場とトイレが近い場所にあるのですが、付近は混雑しており家族づれ、グループが多くうるさそうだったので、少し離れた駐車場近くでキャンプをしました。 無料で景色、気候が良くオススメです。 長期滞在者と思われるテント、釣りの常連の方がいました。 近くの青木旅館に食事、自動販売機がありましたが近くにそれ以外のお店はありませんでした。(赤城神社近くにはお店などがあるかもしれません) ふもとと比べ10度近く気温が低いので、夏場でも朝方は長袖、長ズボンがあった方が良いと思います。

なんと無料で標高1300で涼しい 水場トイレ完備でペットもok 地元からも人気で長期滞在者も多い 石が多いのでマット必須

6/8~9で現地集合で7人でキャンプしました。 昨年から若干の拡幅工事により、テントを張るスペース兼駐車場が広がりました。水場周りは去年と変化はありませんでした。場所については無料キャンプ上であることと先着順のため、早めに到着するといい場所が取りやすいと思います。 ただ難を言えば、土日の深夜は大体午前1時~5時ぐらいまで、前橋側でなく沼田川の峠道をドリフト族(去年確認している範囲では、日本の方々ではなく海外の方々)が近くの峠道で勤しんでおりますので、五月蝿いのが苦手な方には週末キャンプは不向きかと思います。 なお、天気が良ければ満点の星を望むことができます。

10/20くらいにソロキャンプツーリングで利用させていただきました。 きれいで景観の良いキャンプ場でした。お手洗い、水道、炊事場も整備されていました。無料で予約も不要なので気軽に利用できました。焚き火、直火は禁止されており灰も持ち帰る必要があります。 棚田サイトは砂利、湖畔サイトは石が多くゴツゴツしてました。厚いマットがあると快適だと思います。 赤城山の夜道は街灯もなく真っ暗でした。夜の運転はお気をつけ下さい。鹿も車道を歩いてましたし。

9月上旬、初ソロキャンプツーリングで使いました。15時頃現地着、設営後一度山を降りて赤城温泉へ。夕方戻ってくる途中に鹿が3頭道におり、よけて走ろうとするも逃げる鹿と真横で500mほど並走するという貴重な体験をしました。 キャンプ場の設備に問題はありませんが、夜中の車の音はうるさかったです。

大沼湖畔にテントを張れる、景色の良いサイト。 水場もちゃんとしてるので、洗い物に困らないです。 フリーなので皆自由にテントを張るのですが、駐車場から湖畔への降り口にテントを張る人がいたりと、自由すぎる面も有ります。 夜は走り屋の排気音とタイヤの鳴く音が気になります。 私は朝のひと時を小学生の集団(引率者有り)にぶち壊しにされました。 景色は素晴らしいけど、ゆったりとくつろぐ環境ではないかも知れないと思ってしまいました。

8月20日、お盆過ぎ。テントを買い、初めてのキャンプ、倅二人と男三人初めての旅。 山裾、富士見あたりからのずーっとつづく上り坂およそ12Km、登り応え有りです。 夜は思った以上に冷えました、ゴミもほぼ見当たらず、景色もとてもいい所です。 お勧めは水辺にテントを設営、夜吹く風で聞こえるさざなみの音、いいですよ。 釣りも楽しめます。 トイレ、炊事場問題なし、ですがすぐ脇にテント設営の人もいるので少し気を使いました。 男子トイレ真ん中?の個室、水が少しだがずーっと流れています、工具箱はさすがに持っていきませんでしたので、近々行く方なおしてもらえませんか?針金があれば何とかなると思います。 来年も行く予定です。

無料のキャンプ場ということで、利用してみました。 気温は暑くなく、朝はかえって肌寒い感じでした。結構利用客も多く、テントがずらっと並んでいてどこに設営すればいいか最初は迷いましたが、2人用テントなのでちょこっとした空き地に設営しました。 水洗トイレ、炊事場もあり、十分だと思います。 ただ、今回は運悪く朝まで騒いでる若者がいて、ほとんど眠れませんでした(T_T) 何度注意してやろうかと思ったことか・・・・・ キャンプ場そのものは悪くないので、そこだけが残念でした。

7/29から6日間利用、前橋市に編入されてから以前より良く整備されています。 今年、棚田ののようなサイトが作られて週末はファミリーで混雑、長期滞在者もいます。無料キャンプ場としては水洗トイレ、水道、かまど等、長期滞在者が自主的に周辺を清掃されゴミはなく頭が下がります。期間中気温は24℃位、湖面から吹き上げる風は気持ち良い。夜間は晴れた星空、気温は下がり14℃位で寒さ対策も必要です。早朝散歩大沼、小沼、ガクマン淵散歩、見晴山周辺ミニハイク等、温泉は富士見地区まで往復。 お薦めのキャンプ場です。ゴミは各自持ち帰りが条件です。

始めてのキャンプでした。トイレもOKです。 まわりはきれいでした。長くいる人もいました。すごくよかったと思います。 夜はちょっと寒かった!

大沼の湖畔にあります。キャンプ場は整備中できれいでした、トイレ、炊事場、がまとまってありました。湖畔にテントが張れるスペースがありとてもよかったです。

何処にテントを張ればいいか最初は迷いましたけど星も沼の風景もとても良かったです。特に雲の動きがリアルでした。釣りをする人が多かったです。

赤城山の大沼(おの)湖畔にあります。トイレあり。炊事場なし。 テント場は、20~30張。 無料なのでいいですよ。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*