Home キャンプ場 広島県

  • facebook
  • twitter
  • line

立野キャンプ場(広島県)

場所:広島県廿日市市吉和
料金:無料
お問合せ:廿日市市吉和支所 地域づくり推進グループ TEL 0829-77-2111
期間:4月〜12月初旬
チェックイン: / チェックアウト:
e-mail:
関連サイト:広島観光ナビ / 立野キャンプ場
ゴミ:持ち帰り
車両乗入れ:
お風呂:車で12分・3.5km女鹿平温泉クヴェーレ吉和(700円 10:00〜19:00受付終了 月曜休)
買い出し:
備考:役所に届け出が必要。ペット同伴可能。直火不可。川遊びできる

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

立野キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

炊事場で焚き火宴会をする釣師の中年グループが居ます。 この時期になりますと、毎週末来ているのでしょうか? 水道を炊事場を占拠し、釣った魚を食べていました。 素晴らしい無料キャンプ場がこの時期台無しです。

自然に囲まれたとても気持ちのよいキャンプ場です。トイレも炊事場も綺麗に管理されています。 ただ残念なのは利用者のマナー。トイレ横には屋根付きの休憩所があるのですが、昼間ここにテントを張ったまま散策に出かける人をよく見かけます。 また、大きなスピーカーを持ち込んで、大音響で音楽を流しながら騒ぐ集団がいたりもします。 周りに大変迷惑であることを理解できない人たちです。 親子で楽しむキャンパーは概してマナーが良いですね。

2015年8月3日に利用しました。 当日に吉和支所に電話連絡をして、事前申込(誓約書)を記載すればOKでした。 サイトは必要最低限のトイレと水場が有りますので私には十分でしたが、テン場の状態はたき火の跡があったりして少し残念。 夏場で湖や渓流の近くと言うことも有り、到着早々アブやブヨの大攻撃に逢い、しばらくは外に出られませんでした。 標高500メートルほどなので暑いし、夏のキャンプには向いていないです。 他の方の投稿でもあるように、当日は炊事場を占拠してBBQをやっておられる方(広島ナンバー)がおりましたが泊まらずに帰ってしまい、夜は私一人で心細かったです。(クマ出没とあるので、そんな輩でも近くにいると心強いです) クヴェーレ吉和・めがひらスキー場(女鹿平温泉)で風呂でもと立ち寄ったのですが、夏場はやっていないのか営業をしていませんでした。 近くにある他のキャンプ場の利用料金は非常に高額なので、無料というのはありがたいです。

6月下見にて。 吉和側から山に向かって走ってると、山道に入ろうかと言うときに突然車両通行止めの看板が現れます。土砂崩れがあったようで、その為の看板だそうです。気にしないでそのまま走りましょう。現在はキャンプ場にしか行けない道になってます。なのでその道の終点がキャンプ場です。林間サイトになります。 道を挟んで第1と第2がありますが第2の方も一部スロープになってるためバイクであれば乗り入れは可です。ですが、そもそも第2はあまり使われて無いようで少し荒れています。 この日は5組ほどの方が利用されてました。 水場、トイレ共にキレイです。山の一番底で川が非常に近く、また超冷水からかこの日は肌寒いくらいでした。この時期は上着が必要かと思います。 虫の発生はナシ。 携帯auですがOKです。 また来てみたいと思わせるキャンプ場ですよ。☆☆です。

今月行ってきました。 事前に廿日市市役所吉和支所へ申し込みをしておけば、無料で利用可能です。 今年だけなのかわかりませんが、虻が大量発生しており、二泊三日での夏キャンでしたが、とにかく格闘しておりました。 キャンプ場そのものは、オートキャンプ場として使用でき、炊事棟と簡易水洗トイレ完備で、非常に有り難く、また、トイレに不具合があっても、定期巡回の管理人さんが、直してくれました。 区画分けがされていないので、利用者が多い場合は、設営場所に困ることも有るかもしれません。 人里離れた場所にあるので、買い出し等は困難ですが、星が綺麗で良かったですね。 また、お風呂はクヴェーレ吉和が近くにあるので、そちらで温泉のみのりようであれば、700円弱で利用可能です。※夏期価格の可能性あり。 私が利用したときは、比較的ロングキャンパーの方が多く、安定的に利用できるようで、お隣さんも、よく利用するとのことで、場所は申し分なさそうですが、お子様連れのご家族は、夏場であれば遊び場に困るかもしれません。 というのも、すぐ近くに清流があるのですが、とにかく水が冷たく、足を浸けていると、痛くなるほど。 ともあれ、非常に満足した二泊三日でした。

もうずっと以前からですが、炊事場で焚き火宴会をする釣師の中年グループが居ます。他のキャンパーの迷惑を考えない人たちですが、かなりの頻度で出くわしますので、居れば「また居るよ」テンション下がりますね。家内は、あの人たちが居ると炊事場が使いにくいと言います。あの人たちが居ない時はとてもいいキャンプ場です。お勧めできます。

9月17日~19日で2泊3日のキャンプをしました。キャンプ場のそばを川が流れており、子どもたちと川遊びが出来ました。川までの道は細く4~5メートル程の崖を降りて行きます。降りると最深部で1.5メートルほどの川です。子どもたちは大喜びでした。また行きたいです。

9月23 24日 連泊しました もちろん 無料ですが  役所に届出必要  その際の書類記入や説明が長く(すこしくどい) 約30分かかりました(笑 2日ともキャンプは 私だけでした  トイレは水洗で綺麗 夜間炊事場の照明もありで結構 快適でした サイトは全部で15くらいで第一サイトは バイク・車乗り入れできますし 木立を利用すればタープ不要です 朝夕こられる管理人のおじさんも気さくで 温泉も近くに3軒ほどありますし コンビニまでも10分くらい 登山や林道走破の拠点にも便利 また行きたいです  

キャンプ場についての情報は他の方が書いておられる通りです。 2009年9月末に利用した時は虻はもういませんでしたが、マクナギなどの小虫はいます。 女鹿平温泉クヴェーレ吉和までは3.8km、クヴェーレ吉和の近くに坂口酒店あり。 コンビニのヤマザキYショップまでは5.4kmと近く、吉和支所に立ち寄るついでに食糧を用意するのに便利です。 吉和のヤマザキYショップはコンビニというより最早スーパーマーケットの体を成しています。 KIRIN、サッポロ、アサヒ各メーカーのビールは勿論のこと、野菜果物、肉、刺身、惣菜関係から弁当までバラエティに富んでいる。 氷も1.1kg 315円で販売。虫除けに蚊取り線香、その他なんでも揃う品揃え充実。

今年も9月5・6日の一泊二日で仲間10人とキャンプに行って来ました。 ほぼ、貸切状態でした。 昨年は、ゲリラ豪雨に見舞われテントが一張崩壊するというアクシデントに見舞われましたが、今年は2日とも快晴で暑いくらいでした。 しかし、風が吹くと気持ちよく時期的には最適だと思います。 川の水量はあまり多くなく、水温は冷たかったけど泳げないほどではありませんでした。 虻はほとんど見かけませんでしたが、蜂が多かったように思います。 蚊も多く、虫除けスプレーはほとんど無意味状態でした。 今年の炊飯棟・トイレは比較的きれいでした。 今後も利用者皆さんで、きれいに利用していきましょう。

最近は毎年ここでキャンプをしていますが、アブは8月中は多いです。 盆過ぎから減り始め、8月末あたりからはほとんど気にならなくなります。 途中の酒屋で、渓流釣りの鑑札を売っているのでヤマメ・イワナを釣って食卓を充実させるのもいいですよ。 最近、炊飯棟・トイレの汚れが目立つので到着して最初の仕事が掃除になっています。 せっかく使用料無料で施設が整ったキャンプ場なので、みんなできれいに使用することを心がけましょう。

無料のサイトですが、吉和支所に事前申し込みが必要です。 申し込みは、事前にFaxで申請し、許可書を送ってもらうことも出来るし、キャンプ当日に吉和支所に立ち寄りでもOKだそうです。(土日でも可能とのこと) キャンプ場は山の中で自然がいっぱいでした。炊事棟、トイレはとてもきれいでした。 ただ、アブのような虫がとても多く、朝晩は虫に苦労しました。近くの「クヴェーレ吉和」にも「この時期はアブが多いので注意」という貼紙があったということは、時期的なものもあるのでしょうか? 虫対策は必要と思います。 キャンプ場裏の吉和川。けっこう深さがあるので、子供連れならば、浮き輪があったほうがいいと思います。

去年の夏にいったとき、車で乗り入れた途端、大量のアブに囲まれました! 車のガラスに、数十匹のアブが容赦なくこつこつと突っ込んできたので、車から降りることさえできず…。本当に怖かったです。でもあの時、バイクも止まっていて…運転者どころか人の気配がありませんでしたが…、無事だったのか気掛かりでしたが。たまたまあの時だけ、大発生していたのかな?わからないです。

廿日市市吉和支所のTEL番号間違ってます。 0829-77-2111です。

廿日市市吉和、国道186号から県道296号を北上。 道路が1車線になってから2.4kmのところに「立野野営場」の標識があります。 杉林を下り、橋を渡るとキャンプ場が現れます。 風格のあるキャンプ場です。 オートキャンプ可能な第1キャンプ場は木立を残した広々とした平地で、中央に舗装路が引かれています。 道路を隔てた林間の第2キャンプ場は区画分けされ、舗装された歩道がサイトをつないでいます。 すがすがしい炊事場やトイレは近年改築されたそうです。 山を越えたところが大規模林道建設で問題になっている細見谷の上流域(十方山林道)になります。 標識は「立野野営場」、場内の案内板は「細見谷キャンプ場」、キャンパーは「立野キャンプ場」と呼んでいます。 「クマやマムシ・スズメバチに注意」の注意書きがありました。 <第1キャンプ場> サイトは平地の土。バイクの乗り入れ可。屋根付きの炊事場あり。東屋あり。トイレは簡易水洗。 <第2キャンプ場> サイトは林間の土(10区画)。バイクの乗り入れ不可。屋根付きの水道あり。 管理棟なし。ゴミは持ち帰り。 利用申込みは、廿日市市吉和支所(地域振興課):0829-77-2211まで。(2006年8月下見にて)


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*