Home キャンプ場 新潟県

  • facebook
  • twitter
  • line

上の原キャンプ場(新潟県)

場所:新潟県南魚沼市小栗山1899-1
料金:小学生以上300円
お問合せ1:ひいらぎ山荘 TEL 025-773-6279
お問合せ2:六日町スポーツランド TEL 025-773-5060
期間:4月〜11月※備考参照
チェックイン:15:00 / チェックアウト:翌12:00
e-mail:
関連サイト:にいがた観光ナビ / 上の原キャンプ場
ゴミ:
車両乗入れ:駐車場100台。車の乗入れ不可。
お風呂:付近に数軒温泉あり
備考:予約不要。足湯あり。ペットはリード必須。
   4月からとなっているがやってない事もあるようなので連絡して行ってみてください。

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

上の原キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

2018年 6月 2日(土)に利用しました。バイクキャンプ(ソロ)です。 到着したのは19時近くで、先客(バイク)が1名のみ。 ひいらぎ山荘に電話しましたがつながらず、山荘にも行ってみたものの不在のようでした。 サイトは芝ですが駐車場から菖蒲園に向かって傾斜しており、設営に適した場所は少ないです。 先客がいた奥のエリアはあまり広くはないですが平らでテーブル・ベンチもあります。 炊事場、かまど、足湯は菖蒲園の横にあります。水道は洗い物に使っただけですが、水の出もよく水質も問題なさそうでした。 足湯は入りませんでしたが、清掃はされているようで綺麗でした。 当日は別のキャンプ場に行くつもりがイマイチだったのでこちらに流れてきたのですが、緊急避難的に使うには十分なキャンプ場でした。

2015年6月23日に自転車ツーリングで利用。 国道17号沿いにあるイオンを高速道路方面に行き、スキー場の看板から上の原温泉街方面へ。結構登りますので注意。 途中のひいらぎ山荘で300円を払います。夜8時だったのですが、気持よく受け付けてくれました。 キャンプ場はそこから少し登った体育館の隣。夜だとかなりわかりづらいですので注意してください。 他の人も書いてある通り、トイレは体育館のものが使用でき、綺麗です。自動販売機も1台あります。何より無料の足湯!朝はやく、独り占めの足湯が楽しめました。 また、近くではホタルもちらほら見え、年甲斐もなく見入ってしまいました。アクティビティがあるわけではありませんが、こういうこじんまりしたキャンプ場もいいものですね、また利用します。

2014年9月21日一泊しました。 場所がわかり難いキャンプ場です。 立て看板がなければ、単なる空き地に見える。 足湯の上がキャンプ場になってます。 このキャンプ場。全く照明なし。夜は真っ暗。 他の人も書いてある様に、ほとんど傾斜地や凸凹草地ばかり。 でもトイレは隣に立っている体育館の水洗シャワー付きトイレが使える。 体育館前には、水道があって、清涼飲料の自販機もあり。 キャンプ場の洗い場にも水道があるけど、あまり使っていないらしく、 出てくる水が若干怪しい。。。 飲料には、体育館前の水道が良いと思う。 すぐ近くにジャスコやかけ流し温泉もある。 17号沿いの六日町温泉”湯らりあ”は、源泉掛け流しで400円 シャンプーや石鹸はないけど、中はすごく綺麗 洗い場5つでお風呂も広く無いけど、源泉掛け流しで400円はお得。 ドライヤーもあるし、風呂上がりの飲み物自販機もある。 ひいらぎ山荘で料金(300円)払った時に、最近クマが出るという話を聞いた。 ラジオ情報によると、今年は新潟の山林で熊の目撃が多いらしい。 夜中は虫の音と遠くに聞こえる関越自動車道の車の音。 車の音は、ほとんど気になりません。 冷えた朝の源泉掛け流しの足湯も最高でした。

9/19-9/20キャンツー。 とはいっても夜11:00ころ到着 早朝撤収のハードスケジュール。 昨年と同じような弾丸ツアーになってしまいました。 このところ天候が不十分で仕方がなかったのですが。 天体観測を行う方たちがいたおかげで、少しおしゃべりしたりもでき、安心感もありました。その方によるとやはり、このあたりは今の時期から熊が出没するそうで、ここも例外ではないようです。しかし、人の気配を感じると出てこないともおっしゃっていたのでこれまた安心。 テントは体育館脇の轍があるあたりでバイクから離れない場所へ設営。 暗闇のため時間がかかりました。 終わるとイオンで購入の半額焼肉と星空を眺めながら一杯。。。 締めに足湯につかり、時計を見ると3:30に。 ほぼ仮眠程度で撤収し、253から魚沼スカイラインを抜け上野村へ向かい、今年も無事に墓参りを済ませて帰りました。 来る道中、前橋を過ぎるとグッと冷え込み、六日町についてからも寒さが収まりませんでしたが、火を焚き、食を摂ると回復。 気温としては15度前後だったでしょうか、夏用のシュラフだと寒いです。今回はフリースやタイツ、ユニクロダウンなど携行していたのでちょうどよかったと思います。

駐車場正面はほとんど斜面のため体育館横の開けた場所でテントを張りました。 足湯はこの日はかなりぬるかったけどバイク乗りには嬉しいですね。地元の方々もこの足湯を重宝されているようでのんびりとした雰囲気がとてもいいです。

2年ぶりにお邪魔してきました。 連休を利用したかったのですが、天気予報の関係で金曜の仕事が終わってから向かったため、到着が22時すぎになってしまいました。 今まで足湯付近をメインと思っていたのでその辺りでテントを張ったり、バイクを乗りつけたりしていましたが、他の方々のレビューを見ると違う場所もあるようだったので、体育館前の駐車場に駐輪し、傾斜の上の方で真っ暗な中テント設営しました。 食事を取っていると20メートルくらい先に緑色の目玉が二つ。 恐る恐る近寄ると、ゆったりと逃げましたが、おそらく猫だったのではと・・・ 流石に、暗い中、足場の悪い坂を下って足湯には行く気になれず睡眠。 明るくなり、場内の奥を見るとさらに続いており、備え付けのベンチ、テーブルがあり、いってみると平らで景色が見える場所があったのです。(新発見) トイレも綺麗で問題ないですが、洗い物などは持ち帰ってやるとよいと思います。

 2012年の10月9日に利用しました。 トイレも側にある体育館の綺麗なものが利用できました。 場内は全体に草地であり水場、足湯もあり、景色も良く常連のキャンパーもいました。足湯は清潔でしたが、ほとんど利用する人もなく洗面器か小形バケツを持ってきたら良かったと思ってしまいました。 尚、買い出しもふもとに大きなスーパーやコンビニがあり困りません。  頭上に高圧電線が通っていますが、真下でもラジオにノイズが入りませんでした。おそらく冬場にスキー場へ送電する為のものでしょうか。 行きにはコオロギが多数いましたが、不思議なことに4日後の帰りに泊まった際には全くいなくなっていました。熊については地元の方に聞きましたが、「ここは食べ物が少ないし、体育館もあるから来ないと思う、最近はえさの多い街に来るので困る」とのことでした。尚、体育館には事務所があり日中は常に人がいるようです。オリンピック選手等の強化合宿専用の施設だそうです。  利用料金はひいらぎ荘で支払いましたが、一泊200円でした。 全体に雰囲気も明るく、また利用したいと思います。

JR六日町駅からは、まっすぐ団体営農道”上の原線”をハイキングがてら上ります。 一時間ぐらいかかりますが、楽しい道筋です。グ-グルマップですと縮尺を拡大すると黄色い道筋でわかります。秋になると熊が出るらしく、鈴を鳴らせとか話をしながら上れとか言われました。それ以外では、はちのすを見て来たとライダーの人が言っていました。

2012.6.29に利用、キャンプ地手前にある「ひいらぎ山荘」で受付をおこなう。 傾斜多めだが自分たちの他に利用者が居なかったため問題無し。トイレは隣の体育館の施設を利用する。足湯がうれしい。

10月21日、利用しました。一人一泊200円。 炊事場はありませんが、すぐ脇にある建物に水道の蛇口が一つあります。 ひいらぎ山荘で受付、入浴も500円でできます。 金曜日からか、他の利用者はいませんでしたが、快適な一夜となりました。 日中は、八海山がよく見えますよ。

1年ぶりに9/16-17に行ってきました。 昨年とほぼ同じ時期に行ったにも関わらず、とにかく虫が多かった。蚊が多く夕方ころは沢山刺されました。夜になると光をめがけてバッタやコオロギ?や蛾など。テントに入ろうとするとコオロギが10匹くらいへばりついていたので気持ち悪かった。もうこの時期は避けることにします。また、ひいらぎ荘のおじさんに柿の実がなるころは熊が降りてくるから気をつけな、と言われました。 また、昨年に引き続き、またカップル参上。今度はお隣の五日町からきたという 初々しい方たちで、長い夜のひと時を楽しく過ごさせていただきました。

2010あいい年10月23日 体育館が目印。 トイレは水洗。 足湯もあっていい。 オフシーズンおすすめ。

9/4-9/5 に1泊してきました。 近くのひいらぎ山荘でお金を200円払い、バイクでテント設営場所まで降りていき、宿泊。 正直、4?5人用のテントは厳しいでしょう。ソロキャンなら3組くらいかなと言った感じ。独りで真っ暗な中、足湯につかっていると、フランス人カップルがやってきて1時間くらい話し就寝。 独りだとちょっと寂しい場所だったので人と出合ったのはよかったかもしれません。

4月?ということで、脳天気に予約無しで4月中旬に行ってきました。 …やっていませんでした。 が、足湯は24時間かけ流しになっているようで、50cmほど積もった雪の中でほかほかと湯気を立てていて、 星空と六日町の夜景を眺めながらのんびり入らせていただきました。 夜中に徒歩でがやがやと通る人もいましたが、車通りも少なく良いサイトと思います。

2008年8月5日〜11日まで滞在。 連絡先は、上の原キャンプ場に入る手前にある『ひいらぎ山荘』です。 予約しなくても宿泊できました。1泊200円(宿泊人数関係なし)。 傾斜のあるキャンプ場ですが、つつじ園手前の平らで開けた所に設営できました。 下にある足湯(熱く、浮遊物もあり)の所に、炊事場と火を焚く所があり。 体育館のトイレは月3〜4程度の掃除がなされ、比較的きれい。 5分でジャスコにも行け、十日町市、南魚沼市どちらも行きやすい。 滞在中、バイカーと1泊だけ一緒に。 体育館は、合宿中の学生が夜9時頃まで練習してました。 キャンプ場の奥にグランドがあり、こっちも日中は合宿の学生がお盆にも関わら練習してました。 合宿中の学生がいたので夜9時までは完全なる静寂はなかったです。 ただ、学生がいなければ静寂で包まれる場所だと思います。 足湯があるので、人は絶えず、まばらに来てました(夜間も)。 状況は季節によって異なると思われます。

今は 一泊一人200円だそうです あと無料の足湯ができました

六日町温泉国際YHの体育館駐車場横の草地で、一部傾斜地。体育館の水洗トイレを使用。外に水道もあり。街まで近く、コンビニ・ジャスコ等ある。但し体育館の側溝が詰まっていて蚊が多い。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*