Home キャンプ場 兵庫県

  • facebook
  • twitter
  • line

筱見(しのみ)四十八滝キャンプ場(兵庫県)

場所:兵庫県篠山市上筱見
料金:無料
お問合せ: 篠山市役所 多紀支所 TEL 079-557-1161(約2週間前に要予約)
期間:4月15日-9月15日
チェックイン: / チェックアウト:
e-mail:
関連サイト:篠山市 / 筱見四十八滝キャンプ場を使用したい
ゴミ:
駐車場:約10台
お風呂:なし
備考:地名は篠見(ささみ)四十八滝。水は飲用不可のようなので、飲料水持参を推奨。

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

筱見(しのみ)四十八滝キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

登山とセットで利用しています。 ソロで利用することも多いのですが貸し切りになっちゃうことも多いです。 そんな時に怖いのは動物ではなくて人ですね。 人里に近いのに誰もいないし携帯の電波も入りにくいからホント怖いですよ。 設備としてはトイレと井戸水の水道があるだけで登山口に野営する感じです。 そんな所にくるファミキャンの人は愛想が良いので好きだけど。 たまに若い子のグループと一緒になると変な目で見られるのは何でかな? 6月から7月にかけては少ないけどホタルも舞ってます。 周辺の木を見た感じでは猪とか鹿が居るような引掻き傷が多いです。 夜は鹿の声に起こされるし、熊の目撃情報も多いのでゴミはしっかりと封をしてテントの内スペースに入れる方が安全ですよ。夜中にテントの周りに何か居るのを感じることが多いですから。 山ビルに遭遇したことはないけどマダニ野郎には何度も酷い目にあってるので虫対策は必須ですよ。 春先と秋は寒いので防寒対策が必要です。言い換えれば夏は避暑地として最高の所って事っすよ。 近くにランチの美味しい廃校後を利用した『里山工房くもべ』ってのがあるんだけど昭和生まれにはノスタルジックな感覚に浸れる良い所です。気が向いたら寄ってみてください。 滝巡りのハイキングコースはハードなコースで山装備必須です。 しかし、そこがアトラクション満載の面白いコースで、 山歩きの練習コースを凝縮した感じがします。 2時間ほどのコースですが初めて行ったときは道に迷って帰れないかと思うくらい あやふやな山道と案内板なので気軽に登ると酷い目に遭います。 地元の人達が数台の車でやって来て一斉にキャンプ場を掃除していくのを 何度か見たのですが本当に感謝でしかないです。 だからこのキャンプ場は来た時よりも綺麗にして帰ることを心がけてます。

バイクでのキャンプツーリングにて利用しました。 このキャンプ場は公民館に利用申請をする必要があります。 申請から許可証が届くまでに約1週間程かかりますので、 遅くても2週間前には許可を取った方が良いと思います。 電話で許可が下りるかは未確認です。 駐車場からテント設営場所までの距離は近いですが、凸凹の坂を登る為、足元に注意しながら荷物を持ち込まないといけません。 駐車場の近くに屋根付きの休憩所があるため、雨の際の物品整理等にも利用できます。 坂を登る途中にトイレと炊事場があります。トイレは電気が通っていました。 トイレの入り口近くに蛇口にて水が出る場所もありますが、飲用は不可の様です。 トイレは備え付きの紙はなく、水洗ではないため清拭用の紙を用意してください。 炊事場は3グループ分程はありますが、テーブルや椅子はなく、テント設営場所からも離れているので、あまり実用的ではありません。 キャンプ場で料理をする際は調理器具とテーブルは用意した方が良いでしょう。 テント設営場所はやや狭めであり、斜面を有する場所もあるためテントのサイズにもよりますが、8張程度が限界と思います。 テント設営時には地面の石や木の枝を掃除して、設営場所を均した方が良いと思います。近くに木の枯葉の様なものが多くあり、着火性が非常に高いため、火を利用する際はそれなりの準備をして、十分に注意をしてください。 テント設営場所の地面は比較的固めでした。 この場所は近くに街灯が無いため、夜は暗闇です。 そのためライト・ランタンは少し多めに持って行ってもよいかもしれません。 近くには川が流れており、夜には動物の鳴き声(恐らく鹿やカラス)と川の音が聞こえるため、就寝時に音を気にされる方は対策が必要だと思います。 買い物は篠山市内のBIG AEONを利用しました。品揃えが多く、アウトドア用品もいくつか売っていたため、忘れ物をした際も便利だと思います。 森の奥のキャンプ場であり、動物の遭遇する可能性が高い印象のため、個人的にはですが、ソロキャンプはあまりオススメはできないです。 このキャンプ場の近くには登山にて滝や自然を巡れるようです。 天気の良い日は木漏れ日が綺麗でした。

担当部署が変わったようで電話番号が079-556-3171→079-557-1161と言われました。 2014/4月末に行く予定です。また報告します!

2010年3月20日篠見四十八滝へ行きました。前回は、雨ふりで岩場がすべりやすいので、途中で引き返しました。今回は、快晴のもとリベンジしました。絶壁の岩場登りは、とてもスリルがあり、気分爽快です。尚、途中の大滝付近、一部土砂くずれをしているので、注意してください。                  パキチャンより

地名は篠見(ささみ)四十八滝です。 使用は無料、期間は4月1日から9月15日まで。 多紀公民館(079-557-1177)で許可を取ること。電話でもOKだった。 キャンプサイトは全部で10張ぐらい。6月25日から28日までのキャンプ中には他の人は一人もいなかった。ほとんど利用している様子はない。 トイレ、駐車場、休憩所はあります。飲料水は持参の必要がある。 近くにログハウスが建築されている。 温泉は近くにはないが、700円の(観音の湯、負け嫌いの湯)、600円の(ぬくもりの郷)がある。 30年前の利用とほとんど変わりがなかった。 滝廻りのハイキングは1時間半ほどで、ロープ、くさりで登るなどかなり健脚コースである。

2004年GWで使いました。国道173号から左折して暫く田園地帯のクネクネ道を行くと集落があり、集落の先の林道を奥へ行くと、あります。 周りは篠見四十八滝のハイキングコースになっていて、 駐車場はハイカーのための駐車場っぽい感じです。 サイトは広くは無く、斜面にへばりついてる感じだったので、駐車場の敷地になる東屋の横でテントを張りました。 水は小川の水(多分地下水?)で、トイレもあります。 買出しまで10分くらいと比較的集落には近いですが、 キャンプ場周辺はうっそうとした森に囲まれています。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*