Home キャンプ場 青森県

  • facebook
  • twitter
  • line

下湯ダム公園キャンプ場(青森県)

場所:青森県青森市大字荒川字横倉
料金:無料
お問合せ:
期間:降雪期以外
チェックイン:フリー/ チェックアウト:フリー
e-mail:
関連サイト:
ゴミ:持ち帰り
車両乗入れ:
お風呂:参考にタヌキの湯の記事。
買い出し:付近になし。事前に。
備考:予約不要。薪等は事前に用意。トイレットペーパー持参推奨。

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

下湯ダム公園キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

2018年5月中旬の土曜から日曜にかけて利用させていただきまさした。特に申請などは必要ないようです。 中心市街地からは、一時間弱ですが少し道順が分かり辛いです。 直近のコンビニから20分は有るので、食料他買い出しを万全に済ませて向かわないと後悔します。 公園としては清掃管理はしてるようですが、野球場やテニスコートとしては、荒廃が進み全く利用出来ない状態でした。 山奥ですが、公園内では薪になるような倒木や伐採残木は有りませんので、薪・燃料は持参となります。 公園内案内板に有る、キャンプサイトは水捌けが 悪いようで、場所によってはぬかるんでスニーカーが 濡れてしまうような状態だったのと、風が強かった日だったので、自分は野球場とテニスコートの間に有る東屋近くにテントを設営しました。 地面は皆さんがレポートされているように、芝のすぐ下はジャリで、テントに付属のアルミペグは刺さりずらく、金属ペグ準備は必須かとおもいます。 水場の水は一応飲めましたが、飲料可の確認はしていません。 トイレは水洗で綺麗に清掃されており、夜は電気も点き、トイレットペーパーも一応有りました。山菜採りの方も利用されているようなので、トイレットペーパーは念の為持参した方がいいです。 山奥ですので、真っ昼間からタヌキが現れて、グランドをほじくり返してました。結構人慣れしてるのか、かなり近づくまで逃げません。食料の保管、残飯の持ち帰りをしっかりしないとダメです。 夜は真っ暗ですし、標高が高いので、明け方はかなり冷え込みます。天候も市街地より雨になりやすいのか、雲りの予報でも明け方小雨が降りました。 利用者も少なく(当日はデイキャンプの一組と自分だけ)、静かで良いキャンプ場だ思います。

2016年GW中の5/2~5/4まで滞在しました ダムにある運動公園だった所の一番奥にテントを張ってよいであろうスペースが有ります。 公園にあるような1畳ほどのテーブルとイスが3~4セット程点在していますのでその近くにテントやタープを張ると便利だと思います。 中央に炊事場があり電気もつきました。水が非常に冷たく洗い物をしていると手が痛くなってくるほどでした(飲めました) トイレは元野球場のバックネット跡の後ろに緑色の建物です 和式ですが水洗トイレです照明はありましたがつきませんでした 季節のせいかもしれませんが虫も居なくて清潔でした キャンプサイトと球場の境界として排水用のU字溝が草に埋もれていますので夜トイレに行く際は気負つけてください 昼間暖かい時間は蚊柱?(頭上虫?)が多く居ますが刺されるわけでもないのでほっときましたが夜になり気温が下がると自然と居なくなりました デイキャンプやピクニックをされてる方が3組ほどいましたが泊は自分だけでした 「なまお」さんの言うとおりプラペグは1本折れました。金属ペグをおすすめします。 ダムの為夜静かになると水の流れる「ゴォ~」という音が常にしていますがそのうち慣れます 自分が行ったときは曇っていましたが照明がないので晴れていれば夜は星が綺麗そうです また奥に未舗装路で酸ヶ湯まで14kmと看板が出ています 4WDに乗っているので行ってみましたが途中まだ積雪が多く倒木もありスコップとスタックボードだけでは進めなくなりUターンもできないので4キロほどバックで戻りました チェーンと鋸とウィンチも必要そうです(携帯の電波も怪しいです) タヌキの湯はシーズン明けのせいか最近はあのままなのかはわかりませんが降りる梯子が折れていて湯の中に落ち葉が溜り上に羽虫が大量に浮いて入るのは危ない感じがしました また、周りに泥が多いため滑りやすく非常に危険でした

下湯ダム左岸のスポーツ公園内にあり非常に広々、管理棟は無く宿泊予約不要で到着次第テント設営可。ごみは持ち帰り。 小さめながらもきれいな炊事棟がひとつと水飲み場も兼ねた蛇口が園内に2箇所。 あと水洗のトイレが一棟ある以外にキャンプ場らしいものは無いので夜は真っ暗です。 地面は草と石ころが混じるのでプラペグだと苦労するでしょう。 また山奥なので2013年現在のドコモですら圏外になったりします。 炊事棟まわりやキャンプサイトに茂っている草がうっとおしいので、ナイフのようなものがあれば刈り取って道が作れたり便利。 利用したのは6月半ばで羽虫やアリ、子バッタなどではあるものの虫が多いように感じたので暑い季節の害虫対策は必須です。 どれも僻地の無料キャンプ場に共通する点ばかりになりましたが、その分天気が良ければ星空やダム湖の景色は美しく最高で総じて穴場的な良キャンプ場だと思います。最寄りの食料調達所はサークルK高田店、湯は対岸のあやめ公園の先に秘湯として有名な「たぬきの湯」があるので散策がてら行ってみては。(酸ヶ湯○kmと出てくるので気軽に行けそうな錯覚に陥りますが、途中から舗装は無くなり非常に険しい道のりになるので危険です)


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*