Home キャンプ場 島根県

  • facebook
  • twitter
  • line

カヌーの里おおち(島根県)

場所:島根県邑智郡美郷町亀村54-1
料金:入場料1人500円。河原キャンプ場 無料。プライベートサイト4,200円
   グループサイト バイク1台1,100円、車1台1,600円
お問合せ: TEL 0855-75-1860
期間:通年
チェックイン:17:00までに必着 / チェックアウト:
e-mail:
関連サイト:カヌーの里おおち / 宿泊・キャンプ
ゴミ:
車両乗入れ:河原サイトは乗入れ不可、階段あり。
お風呂:車で10分に三瓶温泉 亀の湯(200円 17:00~21:30)
    車で11分・5km湯抱温泉 神湯(500円)
買い出し:近くにAコープあり
備考:薪の販売あり

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

カヌーの里おおちのTips、近況、体験談をコメントしてください

子どもが夏休みにカヌー体験をしたいということで、キャンプ場併設のこちらを二泊三日で予約。 あらかじめカヌー体験の予約を電話で申し込んでいたにも関わらず、チェックイン時の確認で、予約が取れていないことが判明。 そこで、あたらめて3日目のチェックアウト前の時間帯でカヌー体験の予約を取る。 ところが、3日目に早起きしてテント等の撤収を済ませ、集合場所で待つも、集合時刻になっても誰も来ず。 これはおかしいと思い、緊急連絡先に電話をかけると、なんと「今日は休みです。」とのこと。 さらに、「サイトの蛇口の鍵などは受付のところに置いて帰るように」とのこと。 結局誰も直接謝罪に来ることもなく、大泣きする子供たちと一緒に帰りました。 当然車の中でも子供は無言。 最低の夏休みの思い出となりました。 なお、サイトですが、ヤブ蚊がひどく、虫除けスプレーを一本使っても、何箇所も長袖の上から蚊に刺されました。 平日ということで他のサイトも空いているのに、なぜか民家のすぐ裏のサイトを指定され、民家の犬に吠えられました。

(公式HPより) 今月から施設入場料が¥500に値上げされた事に伴い、「入場料だけで利用できる」河原キャンプ場は1泊¥500となりました。

このGWに関東から九州ツーリングを計画していて、帰路の途中に伺う予定でしたが、バイクの故障で急遽行けなくなってしまいました。 キャンセルの連絡を入れたところ、快く承諾して頂きました。 行けなくなりとても残念ですが、電話対応をしてくださった方がとてもよかったので絶対行きたいと思います。

2017年6月5、6日と1泊2日。バイクソロ。三江線追っかけです。 300円のテント設営場所は本当に河原で草ボーボーですが、ペグも適度に効いて痛くもなく快適でした。 難は結構な階段を上り下りすること、平らでないこと、トイレ(オート水洗)と水場が遠いということでしょうか。 バイクはカヌー小屋?に止められて夜露はしのげたし、静かでよく眠れました。 僕一人だけだったので、管理小屋のすぐ近くの木の下がフラットで快適そうでしたがテント設営は「NG」でした。 風呂は近く(5kmくらい?)の「湯抱温泉、神湯」500円でなかなか経験できない温泉でしたが5年後やってるかはわかりません。 買い出しも近くのAコープですべてにおいて満足です。

4/30ソロです。 河原キャンプで300円でした。 草ボーボーで平らなところは限られていたので、場所選びに苦労しました^^; 私の他にもう一名ソロさんがいました。 現地は静かで満足です。 17時までに到着しないと利用できないので時間に余裕をもったほうがいいでしょう。 風呂は近くの三瓶温泉 亀の湯200円です。 お湯はめっちゃぬるいっす(笑)36度くらい(感覚)? 17時~20時くらいまで追い炊きしてくれるみたいです。 私は16時でしたので、残念・・・ スーパーも近くにあるし、便利ですよ。 たき火は500円で薪を売ってますが、周辺に枯れ枝がいっぱいあるので、十分現地調達できます。 あとはなんだろ、荷物を運ぶのがちょっとキツい。 階段2往復しました(汗) まー300円だからこんなもんでしょ!

7/16ソロで利用。 グループサイト1600円(普通のサイト)、プライベートサイト4200円(オートサイト)と比べて河原は300円。迷わず河原へ。 バイクから階段を降りた河原へ階段25段ほど。3往復すると結構キツイ。 河原と言っても川面は見えず、サイトと言うより空地っぽいが他に利用者は無く平らそうな場所に設営。 バイクで10分ほどの三瓶温泉の共同湯「亀の湯(200円)」で汗を流し、戻って星を見上げて乾杯。 施設はカヌーを楽しむ家族の方が多く、トイレ等も綺麗です。料金からすれば充分過ぎるほど。

25年4月末に一泊しました。 四駆でないと川原(テント場)まで直接入れません。 管理人は17時頃に帰宅するので早めに到着する必要があります。気持ちよく寝るには平らに整地しないといけないです。周辺は山に囲まれており、日の出は少し遅くなるのでテントはすぐに乾かないです。 石見銀山まで車で30分程度です。

オートキャンプ場はよく手入れされていますが、河原キャンプ場は荒れていて、設営に適した場所はごく限られています。砂地でも効くVペグか石を砕きながら打ち込める鍛造ペグかのどちらかがあった方がいいでしょう。

24年5月28日に一泊利用しました。オートキャンプ場以外に河原のキャンプ場というのがあり、そこなら入場料の300円だけで利用可能 です。トイレや水場は管理棟そばにあり、もちろん利用可能です。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*