Home キャンプ場 岐阜県

  • facebook
  • twitter
  • line

中川原キャンプ場(岐阜県)

場所:岐阜県下呂市小坂町落合1965
料金:入場料1人300円。バイク利用(テント1張+バイク1台)1,500円
   テント1張り1,500円、車500円、タープ1,000円
お問合せ:小坂振興事務所 小坂地域振興課 TEL 0576-62-2638
期間:4月20日ごろ~10月末(11月初頭のことも)
チェックイン:フリー(管理人さんは19:00ごろ帰宅) / チェックアウト:フリー
e-mail:
関連サイト:下呂市 / キャンプ場
facebookページ:飛騨小坂 中川原キャンプ場
ゴミ:分別すれば捨てられる
車両乗入れ:
お風呂:無料の水シャワーあり。徒歩13分・1kmにひめしゃがの湯(600円・100円割引券あり 10:00〜20:30受付終了)
買い出し:萩原市あたりで事前に
薪:
備考:直火NG。予約制ではない。レンタル備品あり。星きれい。2021年4月23日営業再開

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

中川原キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

岐阜県の中川原キャンプ場は4月23日に営業再開しました。

令和2年7月豪雨災害にて被害を受け流されてしまいました。 当面の間、キャンプ場閉鎖とのことです。 再開を心待ちにしています。

2019年11月3日~4日に掛けてソロ利用しました。 ライダーは入場料とテント一張り合計1,800円で、フリーサイトです。直火禁止。 ただチェックインだけは管理人がいる16時頃までに入った方が良いかと思います。 受付を済ませると「ひめしゃがの湯」が100円引きの600円で利用できます。 トイレが水洗で洗い場もあり、ゴミ捨て場もあります。 買い物は小坂市街では買い物できるスポットがほとんど無いので、隣の萩原市街までいきます。バイクで30分ほど。事前に買い出しした方が良いかと。 連休でしたが晩秋の為か人はまばらでファミキャン勢もマナーが良く静かに過ごせました。 夜と朝方はかなり冷え込みました。 川沿いの気持ちの良いキャンプサイトですが、川音が結構大きいですので気になる人は耳栓を。 また星空は一見の価値あります

2016年7月30~31日で利用しました。 ライダーはバイク1台と1人テントのセット料金1500円+入場料300円で1800円の支払いです。 シャワーは無料で使い放題といわれ、なんと太っ腹なと思い見に行ってみたら、冷水のみでした。 温かい湯がほしければ、一番近い温泉ひめしゃがの湯に行きます。歩いて行ける距離だと言われたので、徒歩で行きましたが、これがまたけっこうありまして、汗を流しに行ったのに、帰りにまたどっさり汗かきました。 翌日、バイクで実走してみたら片道キッチリ一キロありました。夜は道路が暗いし、なんか動物が横切るしで単独では少し怖いかも。 ロケーションは林間ですが、ジメっとした感じはなく、特別不快な虫もいなくて快適でした。 インもアウトもフリーですが、管理人は19時ころに帰るそうなのでそれまでに到着するのがよさそうです。 今週末ライダー客は5人、先週は7,8人いました。 ボッチは寂しいけど、混雑や騒々しいのはいやだという方、適度な距離感が保てる環境の良いキャンプ場です。

ゴールデンウィークに利用しました。 サイトは静かで空いていて環境は最高でした。 ペグがささりずらい地面なので、丈夫な物を準備したほうが良いでしょう。

2015年10月22日利用。 ぼっちでした。 管理人さんがいなかった為、電話で訪ねたらすぐ来てくれました。 いつも16時ぐらいに見に来るとの事。 値上げしたらしく、テント持ち込み1500円 タープ1000円 車500円 入場料300円 計3,300円のお支払です。 設備等は他の方が書いておられるので省略します。 車で入って行き、どこに設営しようか考えていたらガツンと衝撃。 小さい切り株に当たってしまった。 木の葉で見えにくいので、気を付けて下さい。 22時半頃、眠くなってテントに入ったら外でカサカサと足音が。 直後、カコンと金属音がしたのでハッとしたのですが、夕飯に食べたサバ缶の空をそのままにしてしまっていて、野良犬か何かの獣に持って行かれました… その後も同じヤツか分かりませんが、すぐ近くでウロウロされ、時に唸ってこちらを威嚇していて、自分一人しかいない事もあり不気味でなかなか寝付けませんでした。 食べた後はきちんと片づけて、匂いをキャッチされないようにと改めて思いました… キャンプ場自体はとてもいい所でした。

お盆休みにて利用しました。 自転車料金は想定していなかったのかずいぶん悩んでおられました、私も悩みました、すいません(笑) 管理人は夜には帰ってしまうので受付は早めにしておいた方がいいでしょう、帰りは許可証を箱の中に入れておけば朝早くても大丈夫です。 サイトは砂が盛ってあります、砂の下は自然のままのようなので石がゴロゴロしていて当たりどころが悪いとペグが刺さりません。 時期的にファミキャンで混んでいましたが設営場所はかなり残っていました。 割引券でひめしゃがの湯に行きましたが露天はブヨと大バエがブンブンしてて長居できませんでした、暑い時期にあの原泉風呂は良さそうなのですが残念です。 レストランも早仕舞いしてたのでキャンプ場に早々に帰還、食材は買っといたので夕食はそれで。 食材調達は国道41号線沿いのコンビニでしました。 翌朝近くの個人経営のコンビニ(田舎の商店にしか見えない)が営業しているのが見えたので時間によってはそこで調達できるかも。 確実に行くなら下呂温泉か高山市内で買っておいたほうが良いでしょう。 混んでは居ましたが落ち着いた雰囲気で良いキャンプ場でした。

2014年9月20日に利用しました。バイクツーリングです。 入場料300円、テント一張り1500円で計1800円でした。フリーサイト形式となっています。 河原沿いの林間サイトで、砂利で盛られたサイトが点在しています。 砂利が深いことと、砂利下がかなり固い岩場や粘土なので、短いペグや貧弱なペグは使い物にならないかもしれません。 炊事場、トイレ問題なく使えます。洋式、和式トイレどちらもあります。 ゴミは分別して捨てる場所が設けられています。 直火はNGです。まきの販売もありません。ただ、松ぼっくりや枯れ枝が森の中に大量に落ちてるので、薪が無くても焚き火はできそうな印象でした。 キャンプ場の周辺環境についてですが、コンビニやスーパーなどは近くにありません。途中で買い物を済ませておいたほうが良いと思います。 観光施設は、東の方へいくとすずらん高原と、御嶽を見ながら走ることが出来る御嶽パノラマラインがあります。ただ、御嶽パノラマラインは狭路なので注意。 ひめしゃがの湯という温泉施設が近くにあります。入湯料600円。キャンプ場に泊まると、管理棟で100円の割引券がもらえます。御嶽パノラマラインの先にも、濁河温泉という温泉がありますが、片道40kmほどあります。 清流のせせらぎが気持ちいいキャンプ場でした。

2012年5月5日利用。この時期ですと夜間冷え込みます。防寒道具必要です。 ひめしゃがの湯は近く、そこのレストランは価格が手ごろで美味しかったです。 コンビニが近くに無いので、向かう途中に買い物は済ませたほうが良いです。 自分はバイクで行きましたがキャンピングカーで来ている方が多かったです。 車でもバイク利用でも同じ料金でした。 また 利用したいです。

GW5/4-5で利用しました。そんなに広い感じではありませんが、さほど混雑していなかったので川原に面した場所に車を停めて、その横にテントを張りました。テント張る所は車の通路でなければどこでも良いそうです。立派なキャンプ道具を持って来て連泊されている方が多かったみたい。 車で2~3分のところに、源泉掛け流し強烈な炭酸泉の日帰り温泉「ひめしゃがの湯」があります。 レストランも意外と美味しく、名物ケイちゃんが美味しかった。 入場料1人300円(小学生以上)、テント持込み1,100円。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*