Home キャンプ場 京都府

  • facebook
  • twitter
  • line

笠置キャンプ場(京都府)

場所:京都府相楽郡笠置町大字笠置佃
料金:大人1日500円 子供1日300円 ※1日分なので1泊すると×2になる
お問合せ:笠置町観光協会 TEL 0743-95-2159
期間:通年
チェックイン:フリー / チェックアウト:フリー
e-mail:
関連サイト:笠置町商工会 / キャンプ場
ゴミ:捨てられる
車両乗入れ:可能だが入り口の道が狭く入れる車は普通車程度まで。
お風呂:なし
備考:直火、花火禁止。予約は出来ない。レンタルなし。魚釣りをする場合遊漁料が必要。

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

笠置キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

去年に続いて'18.12.30~31で利用しました。 去年より更に増えて30組くらいいた気がします。 トイレは簡易タイプですが、洗い場・ゴミ捨て場完備に加えて国道沿いでアクセスしやすいファミリー・初心者でも楽しめるキャンプ場です。 最近はキャンプブームでマナーの悪い投稿が目立ちますが、ココはゴミの処分や夜中の物音・話し声などきちんとマナーを守る利用者が多い印象です。 洗い場に残飯は溜まっておらず、立ち入り禁止区域に足を踏み入れる輩もいませんでした。 値上げである程度利用者が淘汰されたのかもしれませんが、気持ちよくキャンプを楽しむのであればある程度の出費は引き換えになる気がします。

値上げのようです。 この春からキャンプ大人1泊2日 1000円 (1日500円)になってしまっています。 今は、温泉も閉鎖中です。 簡易トイレのままですし、紙がありません。 価値に対する設備が整っていません。

2017.12.30~31に1泊で利用しました。 料金は1泊600円、近所のわかさぎの湯が割引券利用で700円でした。 冬キャンプはマナーの良い方が多いのか、全体で20組程度いた気がしますが他のコメントにあるようなトラブルは全くありませんでした。 買い物は事前に済ませましたが、簡単な食材であれば国道163号を木津川市方面に約2km走った先のローソンで調達できます。 ただ、砂地のサイトにはBBQの残骸と思われる金属の焼串や針金が… ゴミ捨て場も用意されているのですから、ごみはきちんと捨てましょう。 (ざっくりですが、燃えるゴミ、プラスチックごみ、缶・瓶・ペットボトルの3分別です)

昨年大晦日から年明け二日まで滞在しました。 300円/日なので2泊3日で900円でした。 入口が狭いので大きなキャンピングカーは入ってこれませんが、ファミリーキャンパーも数多く泊まっておりました。 冬キャンブーム?のせいか、去年に比べて倍以上のテントがありましたがマナーの悪い人も増えているようです。 大晦日は禁止されたキャンプファイヤーで消防車数台パトカー数台が来て消火の上厳重注意、元旦は朝からパトカーで連行される騒ぎがありました。

ともかく、朝からずっと大音量で音楽をかけている連中がいます。 特に注意されることもなくずっと鳴っていて耳障り。 他のキャンプ場に行くことをオススメします。

9月のシルバーウィークに利用。関西の都市圏が近いということもあり、案の定すごい混雑。前客が日帰りで撤収したと思われる僅かなスペースを見つけてテントを張りました。午後5時以降は受付が不在になりますが、電話で確認すると翌朝手続きをすれば良いとのことでした。言われたとおりに手続きしましたが、これだけ人がいたらチェックは不可能では・・・と心配になりました。 車・バイクを乗り入れて横付けできるのはいいですが、時間に関係なく出入りができるので新たにやってきた利用者や近くの温泉へ行き来する車の往来があります。 また、河川敷ということでかなり湿気がありました。 幸いにも騒音には悩まされませんでしたが、繁忙期は避けてキャンプすることをオススメします。

10月に4回キャンプに行きましたが深夜まで車載スピーカーの大音量グループが2回、変な2組の夫婦(小さな子供連れ)がやはり夜中までウクレレを弾いて歌を歌っていた^^; 10月のあと1回は平日だったために他に泊まってる方が2組ほどでしたがソロライダーさんとペアライダーさんで静かで有意義に過ごせました。 11月2日にも行きましたが大型グループが夜中までうるさかったです。見たところカヌーが10ほどテント脇にあったのでキャンプというよりはカヌーをやりにきた方々と思われます。 安くていいキャンプ場なのですが、当たり日とハズレ日の差が大きく博打みたいです

9月22日と23日に利用しました お昼の10時ごろから、アンプの付いたスピーカーで音楽大音量のグループ別々に三組も居て、、 とてもじゃないけど、うるさくて、のんびり出来ませんでした 管理者に抗議したのですが聞き入れてもらえず、〔おばさんたちも怖いらしいです〕実質、放置状態でしたね まったく有料なのに、こういうことを管理できないなら無料にするべきと感じました、次回は別のとこにしようと感じました

駅からすぐで、車がない人にとって便利だし、川もきれいでいいところでした。 ちょっとシーズン越えてるので、BBQなどで昼間はにぎわっていた人たちも、夜泊まるのは少し減ります。なのでゆったりと楽しめるいい場所だと思います。 が、前の晩から泊まっていたお隣さんに、大音量で踊ったり騒いだりするグループが3組も来て嫌だった、と話を聞きました。そして散歩を終えて帰ってくると、そんなグループが・・・後からもう二組来て、3組が大音量で好きな音楽を流して楽しんでいます。 せっかく自然がきれいで、ゆったりしたいと思っていたのに、楽しさが半減。これはちょっとがっかりでした。 管理人(女性の方)が言いに行ってくれましたが、ちょっとの間音を下げただけで、また戻ってしまい・・・何人かは管理人のところに文句を言いに行きましたが、よく来ているのでしょうか?暴力などはあまりないとは思いますが、気分のいいものではありませんでした。 看板などで、大音量禁止とか、入るときに厳重注意してもらうとか、従わないときは通報するとかの警告があれば、来客からも言いやすかったり、通報しやすいと思います。 あれを放置するなら、もう行きたくないかな、と思います。 川遊びもできるし、皆がゆったり楽しめるいいキャンプ場になるよう、努力してもらいたい、と願っています。

7月23日24日一泊で利用しました。 大阪から気軽に行けるキャンプ場で選びました。 河原で広々としたキャンプ場ですが東屋は無く、椅子もテーブルもありません。 何よりひどいのがトイレで工事現場の簡易トイレを並べたようなトイレで紙もありません。 これで600円は高いと感じました。 無料なら我慢しますがお金を取ってこれなら他のキャンプ場をお勧めします。

もうご存知方もいらっしゃるでしょうけど、10月12日(土)から営業を再開されてる様です。まだ、一部で奥のグラウンド等は、もう少し時間が必要なので、全面復帰は先になりそうです。 http://www.town.kasagi.lg.jp/machi/kanko/camp251011.html

笠置町HPより『台風18号の災害により、笠置キャンプ場が被災し、施設を利用できなくなりました。 現在、復旧のめどが立っておりません。』とのことです。

11月30~12月1日に利用してきました。 場所は笠置駅のすぐ前で、笠置大橋の横になります。 料金としては大人一日¥300、子供1日¥200となり、一泊だと2日間使用という事で¥600となります。 形態としては河川敷になりますが、テントサイトは芝生になるのかな? 今の時期はガラガラでしたが、夏場はかな賑わうようです。 ペグはピンペグで充分のようですが、下に石が有るようで、たまに打ちにくい所も有りますね。 お店は付近にスーパーなどは無いので、途中で買ってこられることをお勧めします。 コンビには向かいの国道を1km程の所に有り、利用しませんでしたが、すぐ近くに温泉も有るようです。 駅の近くですので、終電は22時頃、始発は5:30くらいに通過電車がありますよ。

11月23日に宿泊で利用しました。 さすが河原だけあって風が強くて朝晩は寒いです。 オフシーズンなので、混雑もなくゆっくり芝生側にテントを 張れました。 キレイな炊事場がありますが、冬場はゴム手袋を持って 炊事をしないと手が切れそうな冷たい水が出ます。 ゴミの分別はきちんとされています。 炊事場・ゴミ捨て場まで結構歩かされますが、広々として 景色のよいサイトです。 ●トイレはトイペ必須。 ●お風呂は歩いてすぐ近くにキレイな温泉がありますが  夜は20時頃までなので要注意。 ●買い物は近場の店は早く閉まってしまうので、10キロ離れた  木津川まで走らないといけません。

2010年8月土日に行ってきました。 日帰り300円/人 泊まり600円/人 人数が多いと結構割高かもしれません。 水場はキレイで、炊事用とは別に網とか鉄板洗う場所もありました。 トイレは2箇所ありますが、簡易トイレです。トイレットペーパーが無いので、持参する必要があります。また、夜は電気がついていないトイレがあるので、懐中電灯があるといいでしょう。 サイトは、芝生の部分もあって良いのですが、駐車スペースの概念が無いので、混んでいると車がまったく動かせなくなります。入り口からキャンプ場内を横断するように、通路がありますが、出来ればそれに沿った場所に車を泊めることをお勧めします。 下手に通路より中に駐車すると、別の車が前に止めたり、通路をふさぐように止めたりして、その人たちが帰るまで自分たちも帰れなくなります。 また、そういう状況に対してキャンプ場側はなんの対策や警備を行っていないようなので、いろんなところでトラブルになっているようでした。 また、何度が行っていますが、夜中まで騒ぐグループが多いキャンプ場という印象です。今回は、暴走族っぽいグループが朝まで騒いでいました。 空いている時期や平日は良いですが、混んでいる時期には避けたほうがいいキャンプ場だと思います。

先日7月31日〜8月2日まで行ってました。 他のキャンプ場はいろいろ制約がありますが、こちらは直火、花火禁止はありますが、基本自由でしたのでよかったです。 また、8月第1週の土日に行くと、花火も見れてとてもよかったです。 トイレは以前は結構汚かったですが、最近は綺麗になっています。炊事場もトイレも2箇所あり便利でした。 晴れた日は川まで行って水浴びが出来ますので、子供連れには最適だと思います。しかし、川は危険流域等の管理は基本されていませんので注意が必要です。(アナウンスはされます。) あとは、フリーサイトの性かもしれませんが、車を出入りさせるのでしたら、通路の確保が必須です。

・トイレットペーパーは必須(特にシーズン中) ・お買い物には注意。 笠木の商店街には物がありそうに見えても品揃えはよくない。特に小ロットで生鮮食料品の買い物がしたいなら、木津か伊賀上野のスーパーで買い物を済ませるのが吉。 ・わかさぎ温泉に行く際にはキャンプ場管理人さんがくれる割引券を持っていくべし。もらい損ねたら駅でも入手可能。

8月4日(土)の花火大会に行ってきました。絶対昼間は混むので、朝7時半に到着しましたが、もう難民キャンプ状態。でも広いので、河原に近いところにテントを設営して、夜はコットで寝ると下のごろごろ石は全然気になりませんです。花火はPLや淀川のような大イベントではなく割とゆったり観覧できましたよ。ただ、昼から車で来る人が多いし、入口が狭いのでたいへんだと思います。温泉も近いし。トイレも奥の方はみんなきれいに使ってて、なんか連帯感、感じました。みんなできれいに使おうね。

料金ですが日帰りで300円で一泊は600円になったようです。 このため少し利用者は減ったようですが、ゴールデンウイークやお盆、夏の土曜はすし詰め状態でいい所にはテントは張れません。 平日やオフシーズンなら、テントサイトとして整備されたいい所が確保できます。

元来、木津川の河川敷ですのでガレ場状態です。テントサイトには不向きです。日帰りでのバーベキューには良いかもしれません。 上流の近くに木津川水系最大の高山ダムがあるため、上流域(三重県伊賀地方や吉野山系や赤目水系)で大雨だ降ると、笠置が無降水でも放水の可能性があり急激な水位変化の可能性があります。(30年くらい前にゃ河原で寝泊りする奴なんざ誰一人いない田舎でしたが・・・) JR笠置駅周辺には数件の食品店のみです。対岸の国道163号線まで行かないとコンビニはありません。 トイレ環境×。水事情×。(関西近郊だから仕方ないけど・・)

2005年7月より料金が300円に改定されました。 残念ですが、それでも安い。 オフ車なら河原で遊ぶことも出来るみたいです。

日帰りは100円で泊まりだと200円です。(一人あたり) ただ平日などは管理人がいないので無料で泊まれました。 近くに(歩いて5分)日帰り温泉施設「わかさぎ温泉・笠置いこいの館」があり800円で楽しめて食事も出来ます。 8月の第一土曜日には例年、花火大会があり間近で見られます。

広いが、川原なのでバイクでは一部しか行けず。 サイトは土・草地。トイレは簡易式移動トイレが4基で、紙無し。家族連れや若者多く、夜中までうるさかった。 ※ツーリングマップルでは¥100になっている


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*