Home 秘湯温泉 秋田県

  • facebook
  • twitter
  • line

八九郎温泉、奥八九郎温泉、奥奥八九郎温泉(秋田県)

場所:秋田県小坂町
料金:無料
期間:
お問合せ:
関連サイト:
備考:ゴミは持ち帰る事。

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

八九郎温泉、奥八九郎温泉、奥奥八九郎温泉のTips、近況、体験談をコメントしてください

温泉じゃない場所にはアブがいないのに、裸の人間がやってくるのを学習したのか、いっぱいいます、 電気で退治するラケットみたいなのだと、相手は大きいのでどうでしょうか、どなたか試していただきたい。 つかってしまえば頭だけ守って堪能できます。 地面から豊富に湧いていてとても良い野湯ですよ。

H30.8.17. 久しぶりに訪れました。【CRF1000 ながやま】 ▲立入禁止のトラロープがあり、温泉の所にその説明の看板がありました。 ◾︎本意の原因は分かりませんが、解放して欲しいと思います。(何かトラブル等あったのでしょうか…) ●この様な、自然を感じれる所は貴重です。みんなで大切にしましょう。

 こうへいさんのコメントにかぶります。 5月の連休に行きました。今回はブヨ、ブヨ、ブヨ・・・翌日からかゆいのなんのって(*^_^*)  奥奥八九郎温泉が「奥八九郎温泉」の看板になっています。 当日会った神奈川からの人に聞いた話によると元来の「奥八九郎温泉」はあるものの藻が多く入浴するには無理があるとのことでした。

2014年11月初旬に行ってきました。 これまでに10回以上行きましたが、5月初旬から10月初旬まではアブやハエ、時にはスズメバチまで大群でやって来ます。 11月から4月までなら虫を気にせずに浸かれます。 前回訪れた時には、林道の周辺の木を伐採していたらしく林道の側は積み上げられた丸太だらけでした。 奥奥八九郎の湯が沸いている所の前でテントを張る人をたまに見かけます。気持ちはわからなくもありませんが、出来ればやめて欲しいものです。

本日(12/11 2010)、友に誘われやって来ました。 雨模様のためか、我々二人だけ。 早速、スッポンポンに。 そこそこ長い人生 今までで一番インパクトある、大変に素晴らしいところです。 機会があったら是非とも。

5月中旬に奥奥八九郎温泉に行きましたがバイク止めると無数のブヨにとりかこまれました。温泉横の林道を駆け足しながら服を脱ぎます。入ってしまってタオルをかぶればブヨは大丈夫です。服着るときも林道走りながら体拭いてパンツはきます。女性にこの芸当ができるかどうか疑問。

連休最終日5月6日の午後に行きましたが、気温のせいか早くもアブの襲撃に会い体中腫れてしまいました(涙) ご一緒したご夫婦は前の晩はキャンプしながらの団体さんも居たんだよなどと言ってましたが、この場に昼夜来れるなんて・・・離れて見れば怖い、でも素敵なご夫婦でした。

真冬の今、林道入口だけでも…と思い立ち寄った所、奥奥八九郎まで除雪されてあり、車でですが行く事が出来ました。今年は雪が少ないからでしょうかね、雪の中の露天風呂!最高でした。 バイクでもこの春は早い時期から要チェックですよ!

(奥奥八九朗温泉) 無料、野湯の中では最高級だと思います。ワイルドにジャグジーを楽しめます。湯温も超適温、湯量も豊富、なぜ温泉宿が出来ないのか不思議です。(山奥すぎ?) 貴重な温泉です、汚したり傷付けたりしないよう、大切にしたいものですね。

八九郎温泉: どうやら、2007年からビニールシートが張られ、別浴になったようです。 奥八九郎温泉: 今まで通り 奥奥八九郎温泉: 2007年から立て札が掲げられ、その内容は以下の通り -----------------------------------------------   国有林等に入林された皆様へ  ここは、公衆浴場法第1条に規定する入浴施設ではあ りません。  国有林等への入林に関して、当署との契約等がある者 以外の者が入林する場合は、入林許可を受ける必要が あります。許可無く入林した場合の事件・事故・災害・疾 病に関しては、一切の責任を負いません。  なお、当地への不当投棄等は処罰の対象となります。 -----------------------------------------------

東北自動車道小坂ICから国道282交差点、国道を北上7km、濁川ぞいに「あすなろ荘」目指して右折。 八九郎温泉: 舗装の突き当たり、左折して小川の橋を渡り、最初の農家に一声挨拶して軒先からあぜ道を行くと、野原の中に一坪位の湯船が。 奥八九郎温泉: 舗装の途切れからダートに入り3kmほど進むと、小川沿いに鋭角左折する道を100mほど。 ポコポコ気泡が出てる少しぬるめの湯が湧き出している。 奥奥八九郎温泉: ダートをそのまま進むと、まさに天然ジャグジーの野湯。 入浴適温は、八九郎温泉と奥奥八九郎温泉。 ただし夏はアブが柱に、春はアブがいないがサシバエがひどい。 殺虫剤スプレーの持参を勧める。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*