Home 秘湯温泉 大分県

  • facebook
  • twitter
  • line

長湯温泉 ガニ湯(大分県)

場所:〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯
料金:無料
期間:通年
定休日:なし
時間:24時間利用可能
お問合わせ:
関連ページ:
備考:炭酸泉。脱衣場なし

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

長湯温泉 ガニ湯のTips、近況、体験談をコメントしてください

熊本地震後の4月30日に長湯温泉に行きました。 震災直後で観光客が少ない気がしたので、今がチャンスと勢いつけてガニ湯に入りました。恥ずかしの混浴です。 橋の下のとても開放的な脱衣場所で服を脱ぎます。親切にも風呂桶が備えてあるため、ちゃんと掛け湯してから湯船に浸かります。 茶色く濁ったお湯ですので、浸かっている限りは周りから体は見えません。カニさんの口から絶えずお湯が出てくる掛け流しの贅沢な温泉です。温度は若干低め。 川向いに旅館があり仲居さんがせっせと働いておられましたが、特にこちらを気にする様子はありません。慣れていらっしゃいます。ただし、観光客には注目されましたよ。 季節柄、川の上には沢山の鯉のぼりが上がっていました。夕暮れ時に川のせせらぎを聞きながら風に泳ぐ鯉のぼりを湯船に浸かり鑑賞する。とても優雅な時間でした。 湯船から上がるタイミングがまた難しかったですが^^;

検索すればわかるのですが、脱衣所が無いのですぐ近くにある橋の下で、どうにか人目を避けながら服を脱ぐことになります。 また、川の中(川沿い?)にあるとは言っても、両サイドの道路から丸見えですし、その道路沿いには旅館などが立ち並びます。 長湯温泉自体は日本一の炭酸泉で、温泉に入る価値はありますが、このガニ湯は入るのに勇気のいる温泉です。

カニ湯って 川の中に有る 混浴露天風呂ですか?

ここは炭酸泉なんです。 すぐそばにはラムネ湯があります。 少し離れたところには七里田温泉があり、ここの炭酸はすごいです。 換気しながらじゃないと湯船に浸かれません。

人目が気になるひとは昼間は入れない。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*