Home 秘湯温泉 宮城県

  • facebook
  • twitter
  • line

荒湯地獄(宮城県)

場所:宮城県鳴子町鬼首
料金:無料
関連サイト:

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

荒湯地獄のTips、近況、体験談をコメントしてください

鬼首温泉の峯雲閣に行く道の一つ隣の道から入り、岩入一迫線までの間にありますが、途中の道が一部固いダート道なのでツアラー等の大型バイクの場合は注意が必要です。下側から入る場合は山道を歩き、上から入る場合は地獄の脇を降りて行きます。地獄の谷は硫化水素の溜まり易い場所ですので、出来るだけ避け、窪んで低くなる場所に立ち入る場合はゆっくりと背筋を伸ばしたまま歩き、しゃがむ際には一度低い場所を手ですくって匂いを確認してからしゃがみましょう。 温泉は掘らずとも大抵どこか湯溜まりに適温になった湯がありますので簡単に入れますが、硫化水素が発生している地獄地帯ですので風の無い日は危険です。キャンプツーリング等で立ち寄る際はタオルと身体が砂だらけになりますので、一般的な入浴施設の代わりとしての使用は出来ません。(当然ながらソープ類などを使用するのはやめましょう)

楽しんだ後のごみは、持ち帰りましょう。最近汚れが目立ってきたのが残念です。野湯愛好の皆様へお願い。

沢の合流点付近から 反対の沢を登った所にも温泉!さらに、地熱発電の途中の道の下から温泉が流れてる!その先の沢を10分位登ると温泉!まだまだありそう!ボコボコ源泉で茹で料理もOK

鬼首温泉の地熱発電所の道、自分で掘るらしい。但し、近くには有毒ガスの看板があるらしい。要調査!


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*