Home ライダーハウス 長野県

  • facebook
  • twitter
  • line

温泉山小屋ともしび(長野県)

場所:〒390-1514 長野県松本市安曇4166番地2
料金:一人1,080円(温泉・駐車場込)。入湯税150円。夕食1,000円
期間:通年?
チェックイン: / チェックアウト:
e-mail:
お問合せ:TEL 0263-93-2338
関連サイト:温泉山小屋ともしび
駐車場:あり
お風呂:掛け流し温泉付
買い出し:
備考:ライダーハウス併設の格安温泉宿。炊事場あり。カセットコンロ100円
   大部屋宿泊、駐車料金込み。
   雨が降るとR158が通行止めになることが多いので注意。

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

温泉山小屋ともしびのTips、近況、体験談をコメントしてください

11/3~4の1泊で利用。 ネットで空き確認をして前日に予約しました。宿泊1080円+入湯税が150円、OPで布団レンタル300円+夕食1000円で、合計2530円也。 夕食はすき焼き、かなりボリュームがあり少し残してしまいました、ごめんなさい。ビール等の酒類(値段も良心的)や軽いおつまみ・カップラーメンなどは、受付兼のお店で買えます。パンとかは?です。 ライハは8人程の大部屋で、珍しいことに男女相部屋のザコ寝スタイルなので、女性ライダーには少しハードル高いかもしれません。たまたま同室だった女性は「山小屋泊ではよくあることなので気にしません」とのこと、山ガール逞しくて素敵ですね。 気にされる方は値段が上がりますが個室(民宿)の方をおススメします。 部屋にはシンク完備で、鍋皿コップなどが自由に使え、カセットコンロも置いてました。 ウォシュレットトイレと洗面台も室内にあり。 風呂は掛け流し(加水有)の温泉で、24時間入浴可、タオルも無料で使えるところは嬉しい限り。夜朝とあわせて3回も湯を堪能し、大満足。 次に泊まる際には早朝の上高地散策をしたいと思います、また利用するつもりです。

平成30年5月4日宿泊  当日は平湯側で朝、少し雪が降り、気温が12時過ぎで6度しかなく寒い日で部屋の中でもストーブが必要でした。 OPで500円だそうです。 夕食はOPのすき焼き1000円でボリューム感があります。 ゴールデンウイーク中はライハはぎゅうぎゅうでバイクは外に溢れています。 静かにゆっくり休みたい方は個室3000円の方をお勧めします。 あと、入湯税300円徴収されます。

2017年9月30日に宿泊。 自転車旅で上高地まで上がる際に利用。 1080円で掛け流し温泉入り放題。3回入浴。外来入浴は一回300円なので、差し引き180円で宿泊したことにならなくなくない? シャッター付きのガレージは広くてバイク以外にも乗用車が3台止まってた。 一階の和室で6人で雑魚寝。ライダー、チャリダー、山登りのご夫婦と楽しく談笑。情報交換できました。 また利用したいと思います。

2017年9月3日(日)、4日(月)の2連泊。再訪です。 夏休み後の日、月だったので、ライハの宿泊は私のみ(^^;) 今回は1,000円の夕食もお願いして、1泊目は「すき焼き」、2泊目は 「焼肉」でした。ライダーは私一人でしたが、ご主人夫婦、民宿のお客さん夫婦と一緒にテーブルを囲み、アットホームで楽しい夕食でした。 ライハ宿泊の場合、温泉24時間入り放題の宿泊1,000円+寝具300円+夕食1,000円+税で1泊2,480円也! バイクは屋根付きガレージに駐車できます。 布団、食事(自炊可)、温泉入り放題、屋根付きガレージ、リーズナブルと、ライハとしてのポテンシャルはかなり高いと思いますよ(^^)v

2017年6月3日にライダーハウスに一泊しました。 自転車だったので、到着時間がはっきり読めず、13時位に確認の電話をして、16時過ぎ位に着きました。 費用は、宿泊+布団+入浴+コンロ+税で1,600円位でした。 ライダーハウスは1Fに1部屋、2Fが2部屋の区切りになっているようで、当日のお客さんは、1Fは5人位の団体さん、2Fは大きい部屋の方に5人位の団体さんで、もう一つの部屋に私と自由な旅の方の2人でした。 夕食は、私は自炊でカセットコンロ(100円)をお借りしてパスタでした。鍋、ざる、サラなど、貸してくれます。 相部屋の旅人の方は、宿の夕食で、メニューは1人用すき焼きで、とてもおいしそうでした。次回の利用は、宿でお願いしたいと思いました。 明け方はかなり冷えたようでした。 相部屋の方は、ふとんは借りずに持参マットとシュラフ(#5)でしたが、寒くて、ほとんど眠れなかったそうです。 ふとんはセルフで自由に使えるので、私は多めに使ってとても暖かく快眠でした。 団体さんがいたので、夜中に騒ぐ声が聞こえたような気がしましたが、疲労もあって爆睡できました。 宿の方がとても親切、その上お安く利用できるので、初めてのライダーハウス宿泊でしたが、最高でした。また利用します。

平湯周辺でキャンプを予定していましたが、雨のため急遽こちらのライダーハウスにお世話になりました。 1人1000円で大部屋で雑魚寝でした。部屋は広く、6人程度でも全く問題ありませんでした。 バイクを車庫に入れさせてくれるのもGoodです。 温泉が良いのはさることながら、調理器具の貸出なども快く引き受けてくれる優しいオーナーでした。 値段も安いためかなり穴場ですね。また来年あたり、行きたいと思います。

松本市街地方面から行く場合の商店等 【スーパーマーケット】 国道158号を西に走行中、波田(はた)小学校前の交差点を左折して松本電鉄上高地線の踏切を渡ってすぐを再度左折して100m弱のところにデリシア波田駅前店があります。 電話番号: 0263-92-5545 営業時間: 9:00~23:00 なお、波田駅は終点の新島々駅から数えて2つ松本駅よりの駅です。 【コンビニエンスストア】 松本電鉄上高地線の終点である新島々駅から200mほど手前の左側にセブンイレブン波田赤松店があります。 電話番号: 0263-92-7200 営業時間: 24時間営業 ※鵜呑みにせず、参考程度になさってください。

ここは風呂入り放題です。 バイクは屋根の下に停められます。 酒の価格は一般のスーパー+50円という感じでしょうか。 僻地ですし、冷たいものが飲めるのでこの程度は許容範囲かなと思います。 ご主人が言うには、何時でも受け入れる様です。 あとはここら辺に詳しい人は当たり前なのかもしれませんが、要注意な所が一点あります。 私は高山から158で目指したのですが、平湯の辺りで夜だったからかもしれませんが、雨が降っているから閉鎖という事でゲートが閉まっていて158が通れなくなってしまいました。 一瞬目の前が真っ暗になりましたが、途中に有料道路が有ったことを思い出し、それに乗ればいけるのか・・?と乗ってみたところ行けました。 これだけだと簡単な話なのですが、要注意するべきはその有料道路は原付は乗れない事です。 原付で同じ事態に陥った場合、相当な回り道をしないと辿りつけないようです。 そして、奥さんがおっしゃるには、雨が降ったらすぐ閉まるそうです(笑) 私の時も、それほど降ってませんでした。 どちらにせよ、夜は真っ暗で気分↘↘なので、余裕をもって行ったほうがいいのは間違い有りません。 買い出しをするなら、スーパーは西は高山、東は松本が最後だと思います。 コンビニは途中1軒ずつ位は有ったと思いますが、確認した方がいいでしょう。 ここには、カップ麺程度しか夜は無さそうです。

2016年7月の海の日三連休中に一泊させていただきました。 川上屋商店という小規模な小売店に併設された施設です。受付は川上屋商店のレジか、そこから建物内に入っていったところにいらっしゃるお母さんに挨拶して、前払いとなります。川上屋商店ではアルコール類やソフトドリンクが街中の商店と同水準の価格で販売されているので、予め買い込んで行く必要はないでしょう。 バイクは隣のアトリエ棟の1階にあるガレージに停めさせていただきました。 私が通された部屋はアトリエ棟の1階の12〜16畳ほどの部屋で、当日は3人での相部屋となりました。部屋には台所と食器棚があり、調理設備としては電子レンジ、カセットコンロ各1台がありました。調味料も自由に使えるものがあり、塩、胡椒、鰹だしの粉末、マヨネーズ、醤油、味噌などがありました。食用油はありませんでしたが、お願いすれば使う分ぐらいは無料で分けてもらえそうな感じでした。 また、夕食を宿で用意してもらっている宿泊者もいらっしゃったので、必要であれば電話で問い合わせれば良いでしょう。 部屋には窓がないもののドアは両サイドに2箇所あり、火災時の二方向避難は確保されていました。 一泊1,000円のライダーハウスとして宿泊する場合、布団を使用するのであれば別途300円で借りることができます。 お風呂は天然温泉のかけ流しということでしたが、オーバーフローはなく、朝風呂の際には浴槽のお湯が減っていましたので、「かけ流し」に過度の期待はしないほうが良いでしょう。ただし、宿泊者は何回でも入り放題です。 私が泊まった日は他の宿泊者も感じの良い方ばかりだったこともあり、また松本方面を訪れる際には利用したいと思いました。

2015年9月15日、16日で2泊しました。 かけ流しの温泉付き、沢渡駐車料金込みで1,000円! 布団借りても+300円のリーズナブルなライハです。 トイレはウォシュレット付き。 調理設備、器具、食器類はすべてそろって使用無料。 ビール、焼酎、日本酒は併設の川上屋商店さんで調達できます。 食材も若干ありますが、事前調達が望ましいかもしれません。 管理人さんも、とても親切。 沢渡バスターミナル至近なので、バイク乗りの上高地散策のベースには ベストですね。

2015年8月、2泊しました。 上高地には個人のバイクや車では行けません。宿は低公害バスへの最終乗り換え地「沢渡(さわんど)」の駐車場前にあります。小さなお店がライハと民宿をやっています。いずれもとてもリーズナブルで次回も利用したい。 店の隣の大きな車庫の2階の一部が12畳の畳敷きでライハとして泊まれます。布団あり。 民宿は小ぎれいな8畳の個室、食事なしが1名3千円。いずれも温泉露天風呂。トイレは温水洗浄式。 お店で缶ビール、袋菓子程度は売っている。お弁当、菓子パン、サンドイッチ、おにぎりはなし。缶詰は賞味期限切れ近いサバ缶が2個有りました。缶詰はそれだけ。 宿の人はみな親切。  最寄りの食堂まで徒歩7~8分。丼もの定食が千円程度。徒歩圏の3軒中、2軒に行ったが、業務スーパーで買ったものをそのまま出しているような内容。 松本方面からの最終コンビニは「新島々駅横」のセブンイレブン。岐阜県側の平湯、栃尾などにも都会人の考えるようなマトモなお店はありません。コンビニは高山近くまでなし。食事は数キロ手前の風穴道の駅がおススメ。

私の仲間が上高地の手前、最終駐車場脇で「温泉山小屋ともしび」と言う、ライダーハウス併設の格安温泉宿を開きました。 通年営業で、私も他の宿泊者からも好評です。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*