Home ライダーハウス 道東

  • facebook
  • twitter
  • line

ライダーズイン トマトハウス(道東)

場所:北海道帯広市東4条南5丁目3-2
料金:一泊素泊まり1,000円。連泊割引あり
お問い合せ:TEL 0155-27-2308 / 050-7575-8078
期間:通年
関連サイト:

備考:休業中。詳細は9年9月10日ねこパパさんのコメントを参照の事。
20時以降到着の場合は要連絡。女性専用室あり。無料五右衛門風呂あり。

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

ライダーズイン トマトハウスのTips、近況、体験談をコメントしてください

管理人のねこパパです。 この度、建物の所有者の都合により、しばらくの間休業する事となりました。 今シーズン、多くのライダーにご利用頂きました事を感謝しております。 来シーズンは新生トマトハウスとして、新たに再スタートを予定しております。 更に快適でくつろげるRHを目指して頑張ります。 ありがとうございました。

2009年8月30日に宿泊しました。 北海道到着、初日のライダーハウスの宿泊でした。 建物はとても綺麗で清潔感があり、オーナーさんは元ライダーということもあり、ライダーの気持ちを酌んでフランクに接してくれてました。また、道内の温泉にも精通していて、ツーリングプランの参考になりました。 1日走り回った後にも、まだ宿泊する楽しみがあり、北海道をツーリングする際には、また立ち寄りたいと思うライダーハウスでした。

8月13日に友人と2人で宿泊しました。 ライダーハウスは初めてで、どんなところかちょっと不安だったのですが、雨の中夜まで走って到着した僕らをあたたかく迎えてくださり、とても安心しました。 その後は「熊の穴」でジンギスカンパーティーということで、他の宿泊している方々とも色々お話できました。 次の日のルートを考えてくださったり、コインランドリーの場所やオイル交換をやってくれるガソリンスタンドを教えてくださったりと、オーナーが親切で助かりました。 一緒に泊まった方から、「ここをライダーハウスの基準って考えないほうがいいよ」といわれるくらいいいところでした。寝室はユースの二段ベッドの相部屋、みたいな感じでした。 是非また泊まってみたいところです。次は予約でいっぱい、なんてことになってるかもしれませんが…

8月17日18日と連泊いたしました。特徴は、きれい、宿泊費等が安い(宿泊費1000円+2食で1000円(朝晩豪華でした))、お風呂が近い(バイク5分)(シャワーは200円で使用可)、オーナーが親切丁寧、立地条件よし(少しわかりにくいが、帯広市街でいろいろ便利)と良いとこだらけ。 道南が庭みたいなものというオーナーはいろいろなルートや見所を提案してくれる。また温泉も紹介してくれたり、翌日以降の希望に合わせたルートを提案してくれたりといたれりつくせり。 初めての北海道なのでいろんな場所に宿泊しようと、連泊をしないように心がけていたがあまりの心地よさに連泊してしまった。 帯広を起点としてまわられる方いらっしゃいましたらこちらはおすすめいたします。

7月25日に夫婦で利用しました。オーナーさんが気を遣って下さり、フカフカのベッドが置いてあるツイン?のお部屋に案内してもらいました。さすがに寝具は持参の寝袋を使いましたが、テントでの寝こごちに比べると雲泥の差!普段はキャンプ場でのテント宿泊が多いのですが、この様なライハがあれば体力回復には最高だと思います。ほとんど宣伝してないみたいなので穴場だと思います。帯広駅や六花亭、温泉の水光園まで約1キロといろいろ便利でした。

食堂「熊の穴」が無事オープンとなりました。ほとんどのメニューを500円ワンコインにて提供。宿泊ご利用以外の方も、道中お近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さいませ。お待ちしております。 参考URL http://www.mytokachi.jp/dtl/guide/1664

2009年7月19日に宿泊しました。 当日は雨で走行距離も伸びず、早めにチェックインしたいなーと思いお昼頃予約したところ「今からでも大丈夫ですよ?」との暖かいお返事!早速向かい到着したら大変立派な施設で(なんとベッド!)快適にすごせました。 立地が帯広駅からわりと近く、買出し等利便性に優れてるので利用しやすいです。 田舎の何も無いところも良いのですが、街の灯りが恋しくなってきた人には格好のオアシス的なライハです。 今回残念だったのは、食堂「熊の穴」のオープン2日前だったので外食となってしまったことでした。 メニューを拝見させてもらったのですが、「安い!!」名物の豚丼もあるのですが、これもまた「安い!!」安すぎてこちらが心配してしまうほどでした。 オーナさんはかなりの温泉通なので、情報入手も可能です。 あくまでも私見ですが、ロケーションが住宅街なのでエンジン始動は周囲に気を配りましょう。

2009年7月11日(土) 新規開設します。 宿泊定員15名と、こじんまりしたライダーハウスです。 原則的には予約不要ですが、20時以降の到着の場合はご連絡をおねがいします。 一般民家の空き部屋を利用した、宿泊定員15名ほどのこじんまりとしたライダーハウスです。 早い者勝ちですが、二段ベッドも無料で用意しています。 また、自分で水を汲んで薪でお湯を沸かせば五右衛門風呂も無料で自由に利用できます。 夜更かし宴会組の為のジンギスカン小屋あります。 女性専用室の設定あります。 自炊に関しては応相談です。 できれば施設に併設している食堂「熊の穴」を利用してほしいのですが、連泊者や深夜到着など事情を考慮して相談に応じます。 20年前に引退したライダーが、バイク復活を夢見て開設するライダーハウスです。 昔話がしたいロートル組から、バリバリのバイク野郎まで、アットホームでお迎えいたします。 よろしくお願いします。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*