Home キャンプ場 宮城県

  • facebook
  • twitter
  • line

不動尊公園キャンプ場(宮城県)

場所:〒981-2116 宮城県伊具郡丸森町字不動64-1
料金:入村料510円 持込みテント610円
お問合せ1:不動尊公園キャンプ場 TEL & FAX 0224-72-2646 (9:00〜17:00)
お問合せ2:財団法人阿武隈ライン保勝会 TEL 0224-72-2350
期間:通年
チェックイン:11:00〜 / チェックアウト:翌10;00
e-mail:
関連サイト:丸森町観光案内所 / 不動尊公園キャンプ場
ゴミ:分別して捨てられる
車両乗入れ:基本的には不可
お風呂:シャワーあり。徒歩5分ほどに国民宿舎あぶくま荘(520円 10:00〜21:00)あり
備考:ペット持込み、花火禁止。炊事用具等レンタルあり。川遊びできる

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

不動尊公園キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

2018年3月24日利用、バイクはV-Strom650。 以前から気になっていたキャンプ場の一つ。 空いている時期を狙ったつもりだったが実際には仙台方面から比較的近く、冬場営業しているキャンプ場がこのエリアでは少ない事もあってかかなりの盛況でバイクも多かった。 料金は1120円、安くは無いがこの地域ならまあまあの相場か。 500m程の所に国民宿舎あぶくま荘が有り入浴可能500円(未利用)。 買物はヨークベニマル梁川店を利用。薪は500円(ブログ写真参照)。 サイトは砂利+砂、ソリステを使用。 U字溝の簡易焚火かまどが各サイトにあり利用可。直火は不可。 バイクの乗り入れについては「特別の配慮を以て」可となったが他のバイクやクルマも入っていたから実際には建前と本音の様だが、100%可能かどうかは不明。 DLのサイドスタンドは沈まなかった。 今回は管理棟側のサイトに乗り入れたが、川を渡った先にもサイトがあり(徒歩で偵察済み)そちらに居たキャンパーに聞いたら朝の内の空いている時間ならクルマの乗り入れが出来るのでサイト横づけで荷物の積み下ろし可能、ただ昼間は駐車場に移動すると言っていた。 ゴミは分別で捨てられる(無料)。 季節的に夜は冷える、シュラフはULSS#3+#5の二重。横を流れる川の音がかなり煩い。 薪は山の方に多少は落ちてはいるが拾ってよいものかどうかは不明。 川遊びで人気が有る様で、繁忙期はファミキャンでの混雑が予想される。 暖かい時期はこのエリアならいくらでもキャンプ場があるのでここを積極的に選ぶ理由は見当たらない。

2016/5/1に利用しました。料金は込みで1120円でした。 受付時刻ギリギリの17時に行ったところ、GWにも関わらずデイキャンプの家族連れが数組残っていただけで、泊まり客は自分ひとりでした。 それもあってか、キャンプサイト内にバイク乗り入れて良い、と許可を頂きました(本来はダメなようです)。 キャンプ場内にシャワーはありますが、徒歩5分程度の国民宿舎の温泉を使いました。

2015年6月始めに利用しました。 平日利用で貸し切り状態、スタッフも親切でJAFの割引あり助かりました。 トイレが新しいのかウォシュレットもありとても清潔で綺麗に掃除されて良かった。 温泉も5分先に国民宿舎があり便利 また利用します。

2013年11月2日に利用。 宿泊の場合は川を渡った側のサイトになるが車両では行けない。自分が使ったときはデイキャンプ側に空きがあり、バイクを押してならサイトまで行ってよいとのこと。 サイト横には清流が流れ、素晴らしい環境。サイトごとにU字溝を利用したかまどがあり、薪も販売している。川音を聞きながらする焚火は最高。

 2013年10月9日に利用させてもらいました。  サイトは林間の土。炊事場もサイトも良い意味で昔風。管理人さんもキャンプ場に対するこだわりがあるみたいで、台所には手作りの棚などが設置されています。  場内に川が流れ、上流部らしく大きな岩がゴロゴロ。そこに木製の歩道が整備され、渓流を散策できます。  温泉は歩いて行くにはちょっと遠いですが国民宿舎あぶくま荘が利用できます(500円)。「人工温泉」と書いてありましたが温泉効果は実感できました。  買い物は丸森町まで約10キロ下ります。中規模のスーパーがあり、仕入れは満足できました。  機会があればまた訪れたいと思いました。良いキャンプ場です。

川沿いにあるキャンプ場で、利用料は1000円でした。 大変良く整備され手入れが行き届き、管理人の方も親切です。 サイトは2つに分かれていて、1つは管理棟側のエリアと、もう1つは川向こう側のエリアです。 管理棟側のサイトはバイク乗り入れ可ですが、川向こう側は管理棟側にバイクを置き、荷物をリアカーに載せて橋を渡って行かなければいけません。 しかし、管理棟側のサイトは基本的にデイキャンプ用ですので、長居はできず、朝9時ごろまでには出発しなければなりません。 のんびりしたい方は、川向こう側のサイトになりますが、管理棟側に置いたバイクは、川向こうのサイトからは全く見えず、不安が残ります。 キャンプ場の場所自体、標高は高くなく、特に寒いようなことは有りません。 近くに1軒だけ商店のような店が有りましたが、丸森町の街で買出ししておいたほうが良いでしょう。 トイレは水洗で、綺麗に掃除されています。トイレットペーパー完備です。大は和式2つでした。 炊事場は洗剤まで置いて有り、ゴミも捨てられます。 夜はキャンプ利用者以外は人が来ないようです。 中々、雰囲気の良いキャンプ場で、結構お薦めです。

1泊=☆ 日帰り=■ 共通=○ キャンプ場入村料(1人) ☆500円 ■300円 テント持込料 (1張) ☆600円 ■300円 貸テント使用料 (1張) ○2,000円 コテージ4人用 (1棟) ☆10,000円 ■5,000円 コテージ8人用 (1棟) ☆14,000円 ■7,000円 貸毛布 (1枚) ○300円 温水シャワー (1回) ○200円 --- 利用時間 --- テント 日帰り 9:00~16:00 宿泊 11:00~翌日10:00 コテージ 日帰り 10:30~14:30 宿泊 15:00~翌日10:00 予約受付 9:00~17:00


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*