Home キャンプ場 東京都

  • facebook
  • twitter
  • line

多幸湾公園ファミリーキャンプ場(東京都)

場所:東京都神津島村字榎木が沢2
料金:フリーサイト大人400円 小人200円
   設営済みデッキテント 5人用3,000円、8人用5,000円+大人1,000円 小人500円
お問合せ:多幸湾ファミリーキャンプ場 TEL 04992-8-0661 (8:30〜17:00)
期間:通年 ※12月29日〜1月3日休業
チェックイン:16:00 / チェックアウト:翌10:00
E-mail:
関連サイト1:多幸湾公園ファミリーキャンプ場
関連サイト2:神津島観光ガイド / 多幸湾公園ファミリーキャンプ場
ゴミ:
車両乗入れ:
お風呂:温水シャワー・お風呂あり
買い出し:
備考:海岸。ペット・直火不可。洗濯機・乾燥機・冷蔵庫あり。
   チェックアウト後の荷物預かりあり(1個200円)

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

多幸湾公園ファミリーキャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

 行ってきました 多幸湾キャンプ場 4月30日から4泊しましたがもっといたかったです 釣りはカンパチ2匹とあまりつれませんでしたが、雄大な景色と絶好な天気、おいしい食材、水、満天の星空、キャンプ場の職員をはじめ 神津島の人たちに出会い 本当にあっというまの5日間でした。 また来年も行きたいです。 今回下田からバイクを乗せてきましたが、これは正解、借りると高いし、自転車や歩きではとても大変 ただしガソリンは1L/200円します。また125ccと50ccで船賃は倍近く違います。  天気に恵まれてそれなりの準備をしていけば 気にいること間違いなしです。

2008年10月31日から三日間使用しました。 信州の北アルプスのどこかの高原にいるかのような 錯覚を覚える絶景のサイト。 こんな素晴らしい風景のキャンプが1人400円で できるのは幸せです。 但しトイレはフリーサイトだけ水洗ではありません。 島自体は、ほとんどすべてのトイレが水洗になっていたのに、 水洗でなかったのは、ここと天上山の緊急避難トイレだけです。 雄大な天上山を仰ぎ見る風景の良い所にはると 天上おろしの風が吹いてきてテントを直撃します。 風をよけるなら樹木がカバーしてくれる道路よりがいいです。 炊事場付近のサイトは明かるく(夜中電気が点いているのはトイレと炊事場だけ)て良い。 眺めを優先するか、安全を優先するかでサイトを決めれば良い。 ペグは30cm級を持っていったので、ミニタープが吹っ飛ぶことはなかった。 夜空の星はとてもきれいです。 天上山の登山基地としては最適です。 天上山のハイクは、これでもかこれでもかというぐらい 素晴らしい風景の連続です。 買出しは、一番近い「神津ストア」が歩いて片道50分という不便さ。 バスは1日3本しかないし、島の物価は高いので、あらかじめ必要な物資や食料は 宅急便でキャンプ場まで送った方が良いかもしれない。 送り返しも着払いで出せるので便利。 レトルトパックやお菓子類、インスタントラーメンは 宅急便で送りました。 ビールとワインはバッグに入れて船に持ち込みました。 管理棟で冷蔵庫が貸してもらえるのでいつでも冷えたビールが飲めます。 テレビは22:00まで見れる。 11月でも蚊がいます。 風がなくなると、どこからか出てきます。 蚊取りを線香4つ焚いていました。 むかでがいます。 雨後に出てきます。 テントの中にも一匹入っていました。 カラスが多いです。 常にキャンプサイトの人間の食料を狙っています。 レトルトパックや袋物は、つついてかっさらわれます。 少しの間でも管理棟に行っている間にやられます。 カレーを食べた後のハッポウスチロールがずたずたに されました。 猫又広場にキャンプしました。

伊豆七島には、大島に『海のふるさと村』、新島に『羽伏浦スポーツ広場』、神津島に『多幸湾ファミリーキャンプ場』などの都営キャンプ場がある。 いずれも無料か安価で利用できる、秀逸なキャンプ場だ。 亜熱帯性の照葉樹の木々に囲まれた多幸湾ファミリーキャンプ場は、島特有ののどかな雰囲気がただようキャンプ場だ。サイトはフリーサイトと、常設テント。 キャンプ場の上部に位置する常設テントは、林間に設けられ、なかなか雰囲気がいい。 トイレ(水洗の立派なもの)も大きな炊事棟も近く、非常に便利だ。 GWに利用したのだが、常設テントは団体の利用客で占められており、予想どうり、走り回る子供、深夜まで飲んでしゃべりまくる父兄で、騒がしかった。別にキャンプ場が悪いわけではないが、この手のキャンプ場はどうしてもこうなってしまう。 しかし私が利用したフリーサイトは海の近くで、常設テントサイトまでは徒歩2〜3分離れており、そんな騒ぎとは無縁。50張りはOKというサイトに、8張り程度のキャンパーしかいなく、のんびりとテントを張れた。 フリーサイトにも炊事場、トイレがあるが、トイレは常設テントサイト近くのすごくきれいなトイレ棟を利用した。 フリーサイト50張りというのは、混雑した状態だと思う。夏休みはきっとそういう感じなのだろう。そうなると、ここの良さはダウンしてしまう。やはりおすすめはGWや秋の連休時期だと思う。 キャンプ場は前浜という集落とは反対側にあり、買い物する店はない。事前に前浜で購入しておこう。島内にはたくさんの商店がある。ただし物価は高い。ほぼ定価だ。それでも野菜や肉を買ってもOKだ。というのも、キャンプ場のセンターには、共同でしようできる大型冷蔵庫があるからだ。名前を書いて入れておくだけだが、大型クーラーを持参できないバックパッカーには非常にありがたい。しかし、どこにもその情報がなく、私が知ったのは到着してからだった。 さらにセンターには、お風呂がある。大人4〜5人が入れる浴槽のお風呂だが、料金は利用料400円に含まれている。冷蔵庫も、分別ゴミの処理料金も、すべて込み。これは安い! キャンプ場の前は多幸湾という、ものすごくきれいな海。海辺には名水も湧く。天上山への登山はぜひおすすめ。標高は低いが(570m)純粋海抜なので、眺望がすごい。 注意したいのは、荒天による船の運行状況。毎朝放送で、その日の運行状況が流れるし、センターに掲示がでるのでチェックが必要。 風が強いと、キャンプ場のまん前の多幸湾港が発着港となる。(通常は反対側の前浜港)。これはキャンパーにとってはラッキー。歩いて港までいける(数分)。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*