Home キャンプ場 山梨県

  • facebook
  • twitter
  • line

西湖キャンプ場テント村(山梨県)

場所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖西4-11
料金:バイクはソロ1,000円、バイクタンデム1,500円(テント代込み)
   車1,000円、テント1張1,000円、大人700円、子供300円
期間:
チェックイン: / チェックアウト
e-mail:
お問合せ1: TEL 0555-82-2003(8:00〜20:00)
お問合せ2:西湖キャンプ場テント村 TEL 0555-82-2682
参考サイト:西湖キャンプ場テント村
ゴミ:
車両乗入れ:バイク乗入れ可能
お風呂:温水シャワーあり
買い出し:
備考:予約不可(GWやお盆期間、連休はのぞく)

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

西湖キャンプ場テント村のTips、近況、体験談をコメントしてください

2018年4月21日 1泊で利用 バイクソロ 1500円 手前から奥にかけてサイトがあり、奥のほうが広く開放的ですが、少し傾斜がついています。 三方を山に囲まれてるので、風が少ない代わりに、朝日があたるのが遅く、テント乾燥に難儀します。早朝出発は注意ですね。 サイトから富士山は全く見えませんが、西湖まで徒歩2分位、そこからきれいな富士山が見えます。 当日は空いていて、夜は静かでした。 地面はほとんど草地。ペグは容易に刺さります。 標高があるので、夜はかなり冷えます。

朝電話で確認したら、バイクで一人ならなんとかなると言われ、初めての一人キャンプをしました。 それなりにご家族連れはいましたが、夜中は静かにできました。雨が降って来たのでちょっとひびりましたが。 初めてなので他がわからないのですが、トイレも綺麗でしたし、また利用してみたいと思いました。 バイク、一泊1,500円でした。

2015年8月3日に行きましたが、 車1000円、テント1000円 大人700円、子供300円…で、 二人で、車で、テント泊では、3400円になります。 山中湖から、西湖の北側から近づくと案内がありません。 ここの住所を見て、道路の湖岸側を探すと迷いました。 魚眠荘を右に見て、入ります。

2014年8月16日に1泊、バイクのキャンプで利用。 夏休み、お盆の時期ですが予約無しでガラガラに空いてました。料金はバイク1名1000円。 入口付近は林間のサイトで奥の方は広いし芝生のエリアが道を挟んで4エリアほどに分かれてあります。全体を併せるととても広くサイトのほとんどが平坦なのもGood。 管理人のおじさんも親切でした。 このお盆の時期でも芝生エリアに20m以上間隔を開けてキャンパーが居る程度なので満杯になることがあるのかな?と思うくらいです。 西湖畔まで歩いて数分ですが西湖や富士山はサイトからは見えません。隣に観光スポット「いやしの里根場」があります。温水シャワーがありましたが今回は利用せず。 空いててリーズナブルで利用しやすいキャンプ場ですが、難点は買い出しが遠い点です。コンビニにしてもスーパーにしても河口湖町のあたりまでバイクで15分ほど走らないと無いです。事前にしっかり買い物して向かうのが良いでしょう。 5分ほどの所に立ち寄り湯「いずみの湯」を利用しましたが料金がそこそこ高い(割引クーポン使用でも800円)割には循環式でお湯の鮮度もいまいちでおススメはしません。 次回はキャンプ場の温水シャワーで済ませようと思います。

2014年4月27日に利用しました。 この日はガラガラで好きなところにテント張っていいとの事、キャンプ場から富士山が見える場所はほとんど無いですが、西湖まで徒歩で2分程度(キャンプ場の入り口からですが) トイレは水洗、ウォシュレット付できれいです。 因みにGWは5月3,4,5日は満員とのことでした。 買出しは河口湖駅近くの大型スーパーに行きましたがバイクで片道15分ほどかかります。

9月21日〜23日の3連休で2泊しました。 以前書き込みした方は予約不可と記載ありましたがGWやお盆期間、連休は予約出来るみたいです。 というか予約しないと複数人の場合厳しいかも。 当方小学生の子供とバイクタンデムで利用し¥1200/泊でした。 サイトのひと区画がかなり広くトイレは水洗&ウォシュレット付き。 シャワーは大人¥500、子供¥300です。 ゴミは入り口の管理棟で帰りがけに回収してくれるので事前に仕分けは必要です。 買い物に関しては富士吉田方面に数キロ走るとマックスバリュが入っているショッピングモールがあります。 ただ、ハイシーズンはそこまでのルートが激混みなので事前調達が無難です。

バイク1台一人でいくと1000円、バイクにタンデムでいくと1500円だそうです。予約は不可。 バイクなどの乗り入れ可。混雑期はわかりませんが、乗りいれられるのにこの値段はありがたい…。 ゴミは分別しておくと捨ててくれますが、ゴミ袋をくれるわけではないし、ゴミ箱もないので、ゴミ袋は必須です。 とくに門限はないみたいですが、車やバイクで21時以降の出入りは遠慮してほしいとのことです。 2キロほど走ったところにいずみの湯という温泉があり、900円です。ただ、いろんなキャンプ場や施設に100円引きの割引券がおいてあります。 キャンプ場内に300円の温水シャワーがあります。キャンプ場は、手前が林、奥がだだっ広い芝生になっています。 トイレがあったか便座の水洗トイレなのにはびっくりしました。女性にも安心。 キャンプ場への道の入口に音楽系の合宿所、お散歩コースが隣に、あとお墓も見えるとこに、その向こうに大きな宿泊所があって、場所柄、林間学校生がたくさんくるので、「静かにすごせる」というわけにはいきませんが、逆に他のキャンパーに遠慮して声を潜めなければならない。。。なんてことはないかもです。 それでも21時すぎには静かになります。 管理人さんは、芝生を大変大切にしていらっしゃいますので、特に奥の芝生部分に行く際は、「乗り入れができるから」とバイクや車でガンガン走るのは遠慮してあげてほしいですね。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*