Home キャンプ場 広島県

  • facebook
  • twitter
  • line

羽高湖森林公園キャンプ場(広島県)

場所:〒722-0431 広島県府中市諸毛町二反田3000番地
料金:1日テント1張540円
期間: 通年 ※毎週水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)定休。12/29〜1/3休業
お問合せ1:羽高湖管理事務所 TEL 0847-49-0339
お問合せ2:府中市産業活性課 TEL 0847-43-7131
チェックイン: / チェックアウト:
e-mail:
関連サイト:府中市行政情報提供サービス / 羽高湖森林公園
ゴミ:持ち帰り
駐車場:
お風呂:
備考:

写真アップロード

このページに掲載する写真をお送りください。
皆様のご協力をお待ちしております。

羽高湖森林公園キャンプ場のTips、近況、体験談をコメントしてください

6月下見にて。 30年以上前になりますが利用したことがあります(笑) 管理棟の場所が変わったのと、野外ステージが出来ていたのと、サイトの大きさが若干変わったくらいで、以前とほとんど変わってませんでした。 場所はR486に看板がありますのでわかると思います。山道ですが要所には看板がありますので大丈夫です。 他にも県道24号からの道(こちらの方が快適)もあります。 管理棟で書類に記入して入場します。オートキャンプ的な使用もOKです。 車両をゲートの中に入れることでキャンプ料金が発生しますので、DAY使用でも車両が中に入れば540円必要です。 サイトは大きく分けて3つあります。 救護棟(トイレ)の周辺(第一)。湖畔沿いに進むと(第2)さらに進むと。ファイヤーサークルのある(第3)になります。 第1、第2共にトイレ、水場完備です。(第2はトイレはポットン)第3は広場のみ。 湖畔は一周することが出来、釣りも可とのことでした。 焚き火は焚き火台使用で焚き火OKです。 買い出しですが、ちょっとしたものなら羽高湖の麓の久佐という町に3軒ほど小さいスーパーがありますのでOKです。 本格的な買い出しは府中市が近いかと。 近くには河佐峡(キャンプ場アリ)や芦田湖オートキャンプ場もあり、キャンパーには嬉しい地域です。☆☆

2015.5.3~5に利用。 車、バイク乗り入れ可。5.3~4はあいにくの雨でしたが、屋外ステージの屋根の下にテントを張らせていただきました。感謝。 5.4~5は天気もよく湖畔サイトに移動。 時々、上陸してきた4羽のアヒルがサイト内を散歩し癒されます。 買出しは車で20分程度のところに三谷屋三成店とAコープ・パル店があり便利。 また、車で30程度のところにある八田原ダムと夢吊橋(支間長が世界一長くギネス・ワールド・レコード社により認定)も良いところでした。ダム内のエレベータに初めて乗りました。

2011年5月3日 廉価で利用できてまあまあでした。 ただ、管理棟が離れているため、無断利用者(無料と勘違い?)が見受けられました。また、地元の憩いの場となっており、地元民はキャンプ場周辺に駐車し利用していました。 駐車場入口(利用者は管理人に入口車止めの開閉を聞いて利用)にも平気で駐車しているため、キャンパーには迷惑でした(いちいちどいてもらわなければならず)。 ゴミは持ち帰りですが、ほとんどのキャンパーが元ゴミ捨て場に分別もしないで捨てていました。 立地条件等は評価できますが、管理面で手抜きしていることが利用者に不快感を与えていることは否めません。

イン14:00、アウト10:00となっていますが 事前TELでは予約不要で18:00のインでも大丈夫そうでした。 (繁忙期も同じとは言い切れませんが) 事務所で受付。 夜間は無人になるようです。 雨の日は東屋が一棟あります。テント一張限定です。 炊事場は電気がありません。 他に屋外ステージに屋根がちょっとあるので、 複数人の場合はそこでの設営を交渉してみると良いかもしれません。 520円という微妙な料金でしたが、 高坂自然休養村に泊まれない場合はこちらに逃げるという手も。 場所は静かなところで池沿いに遊歩道が通っています。 ごくたまに県道を走る車の音がするぐらいですね。 買出しは結構手前に三谷屋三成店ってところがあります。 県道54号沿いの、R184の合流点近くです。


  • コメントはすべて管理者によって承認検査を行っています。即時公開ではありませんので、少し時間が掛かります。
  • そこで内容が不適切な場合には、掲載を見送るか、加筆・訂正することがありますのでご了承ください。
  • 特に個人・団体を特定した誹謗・中傷や、マナーや反モラル的な行為を助長するような書き込みはHATINOSUでは厳禁とさせて頂きます。

facebookでこのエントリーをシェアしたい場合「いいね」または「コメント」が掲載できます。



*