辰ノ口親水公園へのコメント

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

by MOMO(2020-01-09 09:16:14)

2019年12月14日撮影。
他の方が投稿されているように写真当日は流木、廃材の集積場となり立ち入り禁止になっていましたが、芝生広場そのものは川砂が上がったりというダメージは無いように見えました。
ただ給水は不明です。


by djlo(2019-12-11 00:05:27)

12/3に現地確認しましたが、砂利の駐車場エリアが流木の仮置き場になっているようです
本当に全面埋まるレベルで今後さらに増える可能性あるかもしれません
流木の処理が終わらないと無理ですね


by 神流(かんな)(2019-10-20 19:41:48)

台風19号の後、10/20に見てきました。
道路からスロープを降りて駐車場に入りますがスロープの先が流木で埋まり、BBQ、テント共に禁止。
復旧までしばらくかかりそうです。


by jizo(2019-10-02 02:04:54)

2019年10月1日に利用させていただきました。
平日ということもあったのでしょうが、当日お昼に現地で申し込みができました。
一段高くなった川岸の広場がサイトになります。
この日は天気も景色もよく、水洗トイレまでは少し距離がありますが、ここが無料で借りられることに感謝していました。
ところが、テントを立て、夕方に管理人が帰られたあと、金砂の湯とスーパーを回って戻ってくるといつの間にか隣に大型テントとタープが張られてありました。不吉な予感は的中。次から次へと人が集まりだし、夜中の1時過ぎまで大きな声でおしゃべりと笑い声が続き、眠りにつけませんでした。テントで寝袋にくるまっていても連中の会話が聞こえてくるのですが、どうやら地元のクルマ関係の会社の同僚仲間で次の日(水曜)が休みのため、バーベキューをしているようでした。立地のいい無料のキャンプ場は、ほぼ例外なくこういうマナー意識の薄い自分勝手な輩も呼び寄せるというのは心した方がいいですね。こういうことは夕方には帰ってしまう管理人に対応をお願いするには無理がありますから、耳栓を使うなど各人の対応が必要かもしれません。直接迷惑グループに注意すると、アルコールが入って気の大きくなった輩に逆ギレされる可能性もあり、特に家族連れのキャンパーは気を揉むところです。


by 土井 進一(2018-11-04 17:38:40)

茨城観光(ひたち海浜のコキア/袋田の滝紅葉)目的でほぼ、中間にある、辰ノ口さんへ11/1から2泊で利用させて頂きました。
久慈川と駐車場の間にある芝生がサイトになります。
駐車場が一台ずつ区切られていて、川と垂直に駐車します。
なので、車を横付け出来るオートキャンプではなく、車を後ろ付けするオートキャンプになります。なので、芝生側の駐車場が埋まれば、荷物をえっちらこ運んでの、キャンプになります。実はこれが苦手でここは、利用していなかったのですが、第一の目的であるキャンプ場が秋のイベントで利用できなくて、10数キロ北上してここへ来ました。
「後ろ付け」、人間は順応するものです!!! 
13時頃、チェックインしたのですが、誰もキャンパーは居ませんでしたが、夕方には、ほぼ、満員状態となりました。
P側は「後ろ付け」、R側はソロの方が多かったといった感じ。
紅葉だし、自分みたいの第一目的のイベントでこちらへ流れてきたのか? 
受付手前に右に入る道があり、展望台まで車でいけます。歩いても10数分。自分は徒歩で行きました。夕方だったので紅葉と夕焼けで綺麗でした。
対岸には新しく道の駅が出来ました。徒歩でいくのは無理ですが、立派な道の駅で当然、展望台からは、幕地と道の駅が見えて、「ヤッホー」すれば、テントで留守番している人に聞こえます。
以上ここまでとなりますが、ひたち海浜のコキア/袋田の滝紅葉は絶景でした。
ちなみにネットだと、滝近のお土産屋さんで買い物すれば、駐車代は無料とよくあるパターンですが、この時期混んでいて、結局、離れた公共の無料駐車場に車を停める事になり、季節がら、滝のエレベータ待ちは30分となりました。
それから竹藪跡地は、まだ養成中です。


< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >
元記事を読む
最近コメント一覧へ戻る

はちの巣携帯サイト